PAGE TOP ↑
eJudo

【即日レポート】「魅力的な柔道を」スローガン実践した敬愛中が圧勝V/第52回全国中学校柔道大会女子団体戦

(2021年8月22日)

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。
「魅力的な柔道を」スローガン実践した敬愛中が圧勝V
第52回全国中学校柔道大会女子団体戦即日レポート
eJudo Photo
予選リーグ代表決定戦、東海大翔洋中の中道咲桜が淑徳中・倉田夏苗から支釣込足「技有」。

2年ぶりの開催となる全国中学校柔道大会が22日、ALSOKぐんま総合スポーツセンターぐんまアリーナ(前橋市)で開幕。初日は、女子団体戦の競技が行われた。

■準々決勝まで

激戦を経てベスト4に勝ち上がったのは東海大翔洋中(静岡)、大成中(愛知)、敬愛中(福岡)、金目中(神奈川)。

東海大翔洋は大将に座るエース中道咲桜の得点力をテコに、しぶとく勝ち上がった。予選リーグ初戦は淑徳中(東京)と激戦の末に0-0で引き分け。2戦目は丸岡南中(福井)を2-0で下し、リーグ勝ち抜けをかけて行われた淑徳との代表者1名による決定戦では中道が倉田夏苗から支釣込足と横四方固の合技「一本」で快勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る