PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】佐賀商と創志学園が強力布陣敷く、抗するは埼玉栄・桐蔭学園/第70回インターハイ柔道競技女子団体戦展望

(2021年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月1日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】佐賀商と創志学園が強力布陣敷く、抗するは埼玉栄・桐蔭学園
第70回インターハイ柔道競技女子団体戦展望
→第70回インターハイ柔道競技全カテゴリ組み合わせ(公式サイト)

ご存じの通り今期は極端に試合が少なく、団体戦は全国基準での立ち位置を確認出来る大規模大会が皆無に近い状態。加えて3人制点取り試合はオーダー順がそのまま勝敗に直結する重要要素となるため、配列開示前のこの時点では精度の高い予想が難しい。保有戦力から推測してトーナメントの軸になるであろうチームを紹介し、組み合わせ配置を確認するにとどめたい。

■ 有力校
eJudo Photo
無差別カテゴリを圧倒的な強さで制した橋口茉央が佐賀商のエース。

今大会の最注目チームは佐賀商高(佐賀)。3月の全国高校選手権無差別をオール投技「一本」で圧勝した橋口茉央を筆頭に、63kg級では鹿歩夏が2位、48kg級では近藤美月が2位、さらに57kg級で永松莉菜がベスト8入賞とチーム全体のレベルの高さを見せつけた。団体戦では近藤と永松は登録外となり、橋口と鹿、そして期待の1年生森静玖と63kg級の水間仁子の計4人がメンバーに登録されている。森と水間は田島中時代に団体戦で全国制覇(近代柔道杯)の経験あり。そして全員が投げの威力を前面に押し出した魅力的な選手。大駒・橋口を軸に、初の全国制覇を狙うに足る陣容だ。

eJudo Photo
創志学園のエース椋木美希

創志学園高(岡山)のメンバーも充実している。高校選手権無差別2位の椋木美希に加え、同大会63kg級を制した石岡来望、中学時代に団体戦で全国制覇を経験した荒川清楓の3名でレギュラーを構成。控えには全国中学大会に3度出場の半田百花を置く。この夏から石岡が70kg級に、荒川が63kg級にとレギュラー2人が1つずつ階級を上げており、このあたりにも団体戦への本気度の高さがうかがえる。悲願の日本一達成を十分狙える戦力だ。

この2校がまず、頂点争いの軸になるのではないか。

eJudo Photo
埼玉栄の新井万央。

eJudo Photo
桐蔭学園は57kg級の江口凜がエース。

埼玉栄高(埼玉)は、アスリート体型の超級選手新井万央がポイントゲッター。この選手が挙げる1点を前提に総合力で勝ち上がりを狙う。脇を固めるのは全国高校選手権52kg級の覇者新井心彩、ともに個人戦県代表の78kg級・三浦心暖、そして63kg級の栗原理梨。

ここまでの3校はエースがいずれも最重量級の強者だが、桐蔭学園高(神奈川)は57kg級世界カデ王者の江口凜がポイントゲッターを張る。全国高校選手権無差別3位、70kg級の強者星野七紅と、団体戦の戦い方を熟知した1年生上野明日香が脇を固める、これも総合力で勝ち抜かんとするチーム。育成力はもちろんのこと、戦略・戦術にも非常に長けたチーム。接戦に持ち込めばV候補の2校を食うことも十分可能だ。

以上4校がトーナメントの軸。ほか、高木水月、中本真奈美、大場桜萌と中量級チームながらメンバー充実の敬愛高(福岡)、全国中学校大会最重量級連覇者・大高ひかりを擁する帝京高(東京)などが注目チーム。いずれもオーダー順次第では上位戦を揺らす可能性、十分にある。

■ トーナメント配置
創志学園と佐賀商は決勝まで対戦しない。埼玉栄、桐蔭学園と併せた前述有力4校の山が、綺麗に分かれる形となった。

【Aブロック】

桐蔭学園と、敬愛の山。桐蔭学園は3回戦で矢澤愛理を押し立てる松商学園高(長野)の挑戦を受け、ベスト8で敬愛と戦う。これは相性的に、穴のない敬愛が優位と見る。57kg級の江口が3分戦(今大会はコロナ禍を受けた進行管理の都合上、時間が短くなっている)で、しのぎに掛かる敬愛の選手から確実に得点することはかなり難しい。そしてまだまだ隙の多い星野と上野に対し、練れた敬愛の選手がその凹みに刃を入れる可能性十分。予断を許さない。

【Bブロック】

佐賀商の山。1回戦でいきなり東大阪大敬愛高(大阪)を相手にせねばならない、勢いをつけるにはなかなか難しい配置。準々決勝で帝京の挑戦を受け、ベスト4でAブロックの勝者を待ち受ける。

【Cブロック】

埼玉栄の山。準々決勝の対戦相手は富士学苑高(山梨)、次いで大成高(愛知)の可能性が高い。ここが大きな山場になるはず。3回戦の佐久長聖高(長野)戦をしっかり勝ち切り、心理面的にも状況きちんと整えて臨みたい一番。

【Dブロック】

創志学園の山。2回戦の津幡高(石川)ら有力選手を擁するチームはあれど、勝敗を揺らすレベルの総合力を持つチームはなし。そのまま創志学園が勝ち上がると見る。

【準決勝―決勝】

佐賀商と創志学園が決勝を争うというシナリオが、もっとも実現の可能性が高いのではないかとみる。この場合最大の焦点は橋口茉央と椋木美希、両エースの配置。佐賀商にとっての最善は橋口で椋木を倒し、相手に差し引き2点のダメージを与えること。創志学園にとって現実的な勝ちのシナリオは、両者が1点ずつを取り合い、残り1枠が力関係の勝るカードであること。

オーダー開示前の現時点での、事前展望はこのくらいまで。熱戦を楽しみに待ちたい。

※ eJudoメルマガ版8月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る