PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】才能集った73kg級にひときわ注目/第70回インターハイ柔道競技男子個人戦7階級ひとこと展望

(2021年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
才能集った73kg級にひときわ注目/第70回インターハイ柔道競技男子個人戦7階級ひとこと展望
→第70回インターハイ柔道競技全カテゴリ組み合わせ(公式サイト)

■ 60kg級 V候補筆頭は小野日向、白金宏都が春夏二冠目指す
eJudo Photo
2019年の全国中学校大会王者・小野日向。

2019年全国中学校柔道大会の覇者・小野日向(足立学園高)が優勝候補の筆頭と読む。コロナ禍のため東京都の予選制度が二転三転、3月の高校選手権は予選に参加することすら出来なかったが、今大会でその無念を晴らしたい。技術の確かさはもちろんだがそもそもの地力で頭ひとつ抜けている印象。60kg級ながら団体戦でもエースを務める、柔道自体にスケール感がある選手。世代きっての大物の、高校カテゴリの全国デビューに注目だ。

これを追うのが、混戦となった全国高校選手権を制した白金宏都(佐久長聖高)と、同2位の金井拓真(桐生第一高)、さらに3位の五十嵐健太(桐蔭学園高)。トーナメント配置は準決勝で小野と白金、五十嵐と金井が対戦する形で綺麗に山が分かれた。五十嵐は1回戦で2019年全国中学校大会決勝を小野と争った井出凱王(天理高)との対戦が組まれており、これが序盤戦の大きな山場。

■ 66kg級 猪瀬真司と福田大和が軸、柔道の質高い顕徳海利と服部辰成
eJudo Photo
高校選手権の覇者・猪瀬真司。

eJudo Photo
全日本カデを制した福田大和。

全国高校選手権で決勝を争った猪瀬真司(埼玉栄高)と福田大和(平田)がトーナメントの軸。ともに得意は担ぎ技。組み手の巧さとスピードを生かし泥臭く戦う猪瀬、センスと「力」を前面に押し出す福田とどちらも非常に面白い選手。ともに技の良さだけでなく試合を勝ち切る方法論にも長けており、能動的に展開を作る力がある。今回も上位進出は確実。

柔道の質の良さでは顕徳海利(神港学園高)と、服部辰成(東海大相模高)も面白い。顕徳はセンスを生かした投げが魅力の天才肌。服部は練れた組み手と芯の強さ、そして綺麗な技と論理的な柔道が売り。あまりにも柔道が良すぎて隙も生まれやすい顕徳、状況を良くすることにこだわり過ぎてここぞでなかなか技が出ない服部とそれぞれ弱点があるが、魅力でもあるこの脆さとどう付き合って勝ち上がるかに注目。

高校選手権3位の工藤泰輝(修徳)も面白い。オーソドックスタイプの好選手だが決めに特徴あり。「潜れば決まり」と言わんばかりに、懐に入れば、返されようが、抜けようが、回転数を上げて最後は相手に背中を着かせてしまう巧さがある。

トーナメントにはやや偏りあり。上側の山は顕徳と福田が準決勝を戦う可能性が高い。下側のブロックは、工藤と秋田伯(比叡山高)が準々決勝、そしてもう片側は猪瀬と服部が同じく準々決勝でマッチアップするであろう、かなりの激戦区だ。

■ スター候補ずらりの花形階級、注目は花岡晴琉、田中龍雅、木原慧登
eJudo Photo
素晴らしい柔道で高校選手権を制した花岡晴琉

当代きっての才能が集まった今大会の花形階級。

まず全国高校選手権を制した花岡晴琉(延岡学園高)。同大会ではあくまで「持って投げる」スケール感高い柔道で一本勝ちを連発。豪快な内股で会場を魅了した。技術的な伸びしろを残しつつ、しかしあくまで投げて試合を決める技の威力と攻撃意欲の高さは特筆すべきものがある。残したインパクトがあまりに大きく、かつ柔道が本格派で比較的読み解きやすく、今大会はすべての選手がかなり対策を練ってくるはず。その中でどんな柔道を見せてくれるかに注目。力と技、そして「投げる」意志で全員ねじ伏せた高校選手権の再現なるか。

eJudo Photo
同2位の田中龍雅

同大会2位の田中龍雅(佐賀商高)も素晴らしい。跳ね、刈りベースの花岡に対して、この選手は厳しい組み手と担ぎ技がベースライン、こちらも豪快な「一本」を連発していた。採れる戦型が広く、止めようと相手が粘る展開こそおのがフィールドというタイプ。「食われる」展開は考えにくく、少なくとも上位進出は確実。連続攻撃と投げのバイタリティを前面に押し出した高校選手権を見る限りでは、コンディションの良し悪しにかなり出来が左右されるタイプではないかという観察も可能で、今回はこのあたりに注目したい。再びあの柔道が繰り広げられるようであれば、本物だ。

eJudo Photo
1年生ながら木原慧登も優勝候補に挙がる。

この2人だけでも十分過ぎるほど見ごたえのある階級だが、ここに1年生の木原慧登(東海大相模高)が加わった。全国中学校大会を2年生で制した(※3年時はコロナ禍で大会中止)逸材が、順調過ぎるほど順調に成長。とにかく試合に強いことが売り。内股、大外刈と派手な決め技を持ちながら、肩車、小内刈、寝技とフィニッシュの形にこだわらず淡々と出口を見つけては試合を終わらせる、1年生らしからぬ冷静さと勝ちへのこだわりが光る。組むだけで相手がなぜか一歩引いてしまう、問答無用の不思議な強さがある選手である。神奈川県予選では全国高校選手権3位、粘りに関しては全国随一の平野蒼空(桐蔭学園高)を圧倒しており、1年生でインターハイ制覇の偉業を達成しても、まったくおかしくない。

組み合わせ。花岡は準決勝で竹市裕亮(大牟田高)との対戦が予想され、これが決勝までのもっとも大きな山。高校選手権準々決勝では花岡が浮落「技有」で勝利。再びこの難関を突破できるか。

下側の山はなんと2回戦で木原と、小幡礼希(天理高)という超ビッグカードが実現する可能性が大きい。小幡は全国高校選手権で優勝候補の筆頭格に挙げられながら初戦で花岡に開始7秒の「一本」で敗れるという屈辱を味わっている。再起を期す今回、この厳しい組み合わせを勝ち抜いて強さを証明することが出来るか。この勝者と準決勝を争うであろう隣の山には、田中と、後藤颯太(市立習志野高)が同居。両者がぶつかる3回戦が山場となっている。

■ 81kg級 長澤篤希と東郷丈児が準決勝で激突
eJudo Photo
全試合一本勝ちで高校選手権を制した長澤篤希。

全国高校選手権で、ともに全試合一本勝ちで勝ち上がって決勝を争った長澤篤希(静岡学園高)と、東郷丈児(鹿児島情報高)がともに下側の山に入って準決勝を戦うという配置。長澤は準々決勝で天野開斗(東海大相模高)あるいは奥田強志(京都先端大附高)の挑戦を受け、勝てば東郷との再戦が待つということになる。

ファイナリスト2人が同側配置のため、相対的に上側の山の密度が下がったが、こちらは伊澤直乙斗(市立習志野高)、菊池駿星(大成高)、岡元美乃合(東海大仰星高)の3名が準々決勝を争うパートが熱い。高校選手権では初戦で岡元の後塵を拝した菊池が、どこまで立て直して来たかが見もの。逆側の山は本命なき混戦パート。原海人(埼玉栄)に注目したい。

■ 90kg級 長濱佑飛がV候補筆頭
eJudo Photo
長濱佑飛がV候補筆頭

全国高校選手権無差別で準優勝した長濱佑飛(埼玉栄高)がトーナメントの軸。バリエーション豊かな担ぎ技に小内刈、練れた組み手と、どちらかというと対「強い選手」の柔道を繰り広げるタイプで、こういう選手は挑む側にとっては対策がしにくい。簡単に食われることはないだろう。間違いなく優勝候補の筆頭だ。

高校選手権のレギュレーションにない階級であり、試合が極端に限られている今年の状況で有力選手をしかと挙げることは難しい。2019年全国中学校柔道大会優勝の三並壮太(大成高)は柔道の質が良く、スケール感の高い選手。順調に伸びていれば優勝戦線に絡んで来るものと思われる。ほか、激戦地神奈川をこれも質の良い柔道で勝ち抜いた多田隈隆太(東海大相模高)、相手の動きの機微を捉えた体落の巧い大吉諒(日体大荏原高)の名前を挙げておきたい。

■ 100kg級 好選手揃った激戦階級、注目No1は齋五澤凌生
eJudo Photo
まだ線の細さがあるが、齋五澤凌生の柔道は魅力的。

好選手が揃った。最注目選手としては2年生の齋五澤凌生(白鴎大足利高)を挙げたい。しっかり持って跳ねて刈る、投げ一撃の威力が持ち味のこれぞ本格派という大物。加えて、3年生世代の全国中学校柔道大会90kg級の覇者中山康(大成高)、団体戦でも全国制覇を狙う天理高のエース平見陸、宮本力玖(神戸国際大附高)、ここまでが優勝争いの軸とみる。

齋五澤は準々決勝で新井道大(埼玉栄)か桑原悠吾(福岡大大濠高)と対戦予定。勝ち抜くと平見との準決勝という道筋が正シナリオと思われるが、平見には3回戦で濵田哲太(修徳高)というハードルがある。濵田はもっか国際大会に増えている「担げる重量級」タイプ。高低を使いこなし、エントリーの形も多彩で本格派狩りにはうってつけ。激戦が予想される。

上側の山は、宮本と中山が準々決勝で戦う配置。もう片側は金子竜士(東海大相模高)、塗木大和(作陽高)らが配された混戦ブロックとなっている。

■ 100kg超級 藤本偉央、甲木碧、野村陽光が軸
eJudo Photo
春のチャンピオン藤本偉央。

全国高校選手権無差別を制した藤本偉央(崇徳高)が優勝候補ということになるが、有力選手の力が拮抗、かつみな攻撃型で柔道が手堅いタイプが少ない。藤本に加え、トーナメントに散らされた甲木碧(木更津総合高)、野村陽光(埼玉栄高)、笠原勇馬(作陽高)、入耒巨助(中京高)らが軸だが、最終勝者が予想し難い階級だ。

Aブロックは人材が濃くなく、笠原と尼田光志朗(東海大相模高)の1回戦がひとつの指標。高い確率で笠原が準決勝に進むと見る。

Bブロックは野村と入耒、あるいは寺本涼矢(神戸国際大附高)の3回戦がヤマ。タイプと地力を考えれば大砲の撃ち合いの末に野村が勝ち上がる可能性が高い。

Cブロックは初戦で甲木とルターエンフボルド(開志国際高)という好カードが組まれた。抱き勝負の得意な甲木が、このパワー派をどう捌くか。ルターエンフボルドは高校選手権では過剰にきちんと組み手をやろうとして持ち味が出し切れなかったが、今大会ではどのような戦いを見せるか。ベスト8は甲木と、小島アントニー(常磐高)の対戦とみる。この勝者が、Dブロックを勝ち上がって来る藤本と戦うのが正シナリオ。

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る