PAGE TOP ↑
eJudo

「戦いはまず自分のため、試合は悪い状態を想定して準備」大野将平選手コメント要旨

(2021年7月8日)

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。
「戦いはまず自分のため、試合は悪い状態を想定して準備」
大野将平選手コメント要旨
eJudo Photo
オンライン取材に応じた大野将平選手

8日、73kg級で五輪2連覇を狙う大野将平(旭化成)がオンラインで報道陣の合同取材に応じた。代表チームは15日後に迫った東京五輪開幕に向けて男子が4日から、女子が7日からナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で合宿中。既に最終的な仕上げに入って精神・肉体を研ぎ澄ましていかねばらなない大事なタイミングの中、丁寧に、密度高い語彙で現在の心境や準備の状況、連覇に掛ける覚悟を語ってくれた。

コメントの要旨は下記。

――いまのコンディションを教えてください。

いま最終合宿中ですし、疲労感を感じながら稽古、トレーニングに取り組めていると感じています。コンディションどうこう関係なく、そもそも(当日は)「悪い」という心づもりをして試合に臨みたいと思っています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る