PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】ブダペスト世界柔道選手権2021、女子日本代表「採点表」

(2021年7月3日)

※ eJudoメルマガ版7月2日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】ブダペスト世界柔道選手権2021、女子日本代表「採点表」
eJudo Photo
初優勝を飾った角田夏実

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

男子に引き続いてブダペスト世界選手権2021、女子各選手および強化陣の「採点表」をお送りする。重きを置いた基準は男子同様「己の能力に比して、為すべきことを為したかどうか」、そして今大会の「評」全体を貫く視座である「自己理解」(≒他者へのまなざし)の有無。この点については男子評の冒頭を参照されたい。

(採点は10点満点)

48kg級 角田夏実 7.5
成績:優勝


全試合一本勝ちで世界の頂点。得意技2つを軸に勝ちに勝ちまくった。5試合戦って腕挫十字固で3勝、巴投で3度ポイントを獲得。3回戦ではメラニー・クレモンを1分弱で倒し、準決勝ではなんとディストリア・クラスニキを巴投で2度投げての一本勝ちと、倒した相手の格も高い。ダリア・ビロディドや渡名喜風南との対戦がないので採点は7.5に留めたが、事実上の最高点と解釈してもらいたい。誰もが角田の得意技である巴投、そして腕挫十字固を徹底警戒。しかし考え得る回避行動のその先には既に角田が次なる罠を仕掛けている。己の得意技にもっとも思考量を投下出来るのは自分自身、技術それ自体はもちろんだが何より準備力の高さで他を寄せ付けなかった。角田式巴投という技術自体のフォロワーはこの2年で爆発的に増えたが、選手・角田のスタイルは誰にも真似が出来ていない。もっかの48kg級世界の流れからまったく独立した「角田の世界」を作り上げているわけだが、ここまで技術に練り込みあれば、そして何よりここまで強ければワールドツアー文化との隔絶は逆に武器。文句なしの初戴冠劇だった。

48kg級 古賀若菜 6.5
成績:2位


...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る