PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】ブダペスト世界柔道選手権2021、男子日本代表「採点表」

(2021年7月2日)

※ eJudoメルマガ版7月2日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】ブダペスト世界柔道選手権2021、男子日本代表「採点表」
eJudo Photo
事実上の閉会式となった男女混合団体戦の表彰式。五輪と同年開催という異例の試みの大会だった。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

ブダペスト世界選手権2021、各選手および強化陣の「採点表」をお送りする。

選手評価において最大の基準点としたのは、己の能力に比して、為すべきことを為したかどうか。例えば圧勝優勝して然るべき実力があった60kg級の永山竜樹(3回戦敗退)と70kg級の大野陽子(2位)はこの点大幅に点を減じざるを得ないし、逆に超激戦階級である81kg級の藤原崇太郎や90kg級の長澤憲大は内容を相応評価して大きな減点はしなかった。目当てを持って戦い、厳しい階級の中で呼吸が出来ていて、致命的な破綻なく試合を終えていた。現在の81kg級や90kg級のワールドツアーの面子の濃さと修羅っぷりを考えれば成績的にも(ともに5位)期待を裏切るまでのものではない。

そしてこの評価の途上でクローズアップされるのが、「レポート・評」でも濃く触れ続けた「自己理解」の有無。2019年東京世界選手権の「評」におけるキーワードは「入口・経路・出口の獲得」であったが、今回同じく上位陣から見出した論点はこれである。前半戦の即日レポートで「手札の使い方」(手札自体の強さではなく使い方に対する意識)と書き続けて探っていた概念を、後半戦で見出したこの言葉に収斂させて頂いた。

対人競技である柔道における「自己理解」は実は自分を見ることだけでは成り立たず、他者との比較、あるいは他者を徹底的に見つめる「外側への目」が必要。たとえば昨年ワンマッチの五輪代表決定戦という異例のイベントを組まれた丸山城志郎と阿部一二三は徹底的に相手を見つめざるを得ない濃密な数か月間を過ごすこととなり、結果としてその行為が自己理解のレベルを引き上げ、競技力も大きく上がった。他者への意識なく自分の内側だけに没頭する強化はいかに手札を増やそうとも質を上げようとも畢竟独りよがり、実は「やりたいことだけをやる」自己満足であるとすら言っていい。そして日本選手は海外の強豪に比べてこの「他者へのまなざし」が壊滅的に薄い。乱取りは強いが試合で勝てないという長年の日本の宿痾、その因はここに集約されると言っていいのではないか。この点やはり一番手選手(あるいは一番手を務めた経験のある選手)は一段違うものを持っており、今回の「二番手代表」たちとの差を大きく感じさせられた。今大会は、「コンディション負け」というレンズを通して日本選手のこの弱点が増幅され、非常にわかりやすい形で露出していた大会。ゆえに評の基準としてのこの「自己理解」というキーワード、かなり芯を食ったものだと考えている。

先に予告すると。この点に加え、さらに「ワールドツアー文化に置いて行かれた日本」「ワールドツアーとの力関係の逆転」「コロナで動けない日本と半年間で爛熟したワールドツアーは、この先10年の縮図」、「実は大きく言って『失敗』していた日本の5年間」、「下がり目を象徴していた混合団体戦決勝オーダー」といった今大会を通して得られた論点については強化評、また別立ての総評でもう少し語るつもりである。

また。「即日レポート」という形で評を早出ししていた前半男女8階級(4日目まで)はこの採点表での書き込みは必然的に少々多くなり、その分大会後の「レポート・評」で既にある程度突っ込んで書かせて頂いた後半6階級はボリュームを抑えさせていただいた。この点お含みおき願いたい。

(採点は10点満点)

60kg級 永山竜樹 4.0
成績:3回戦敗退


今回の大会全体を覆った「日本勢と海外勢とのコンディション差」。初日の登場でこの構図がまだ見えていなかったことは気の毒だが、“世界選手権4大会連続V逸”は日本の競技史に照らしてかなり重い。1試合目が終わったところでコンディション不良を自覚したとのことだが、体調の良し悪しを踏まえて、また勝ち負けを超えて、その戦術選択が買えない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る