PAGE TOP ↑
eJudo

「勝っておかなければいけない試合、世界一の称号を目指す」男子90kg級・村尾三四郎選手コメント要旨

(2021年6月10日)

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。
「勝っておかなければいけない試合、世界一の称号を目指す」男子90kg級・村尾三四郎選手コメント要旨
eJudo Photo
村尾三四郎選手

ハンガリーで行われているブダペスト世界選手権、きょう10日の男子90kg級に出場する村尾三四郎選手(東海大3年)の出国前コメント要旨は下記。

※取材は6月4日に行われました。


――カザン大会が終わり、隔離明け10日前後ということですね。率直に、調子はいかがですか。

クラスター発生の影響で、東海大では練習出来ていません。ただ、個別分散合宿を組んで頂いて出稽古で鍛えさせてもらっており、状態は良いかなと思います。

――世界選手権という大事な大会の前に難しい調整となりました。気持ちの面で焦りはないですか。

特にないです。世界選手権に選んで頂いた、あまりないチャンス。そういうことを言い訳にせず優勝したい。

――カザン大会は素晴らしかった。振り返ってみて評価はいかがですか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る