PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】出口とクリムカイトの五輪代表争いついに終曲、初優勝狙う玉置は序盤から強敵と連戦/ブダペスト世界選手権2021・女子57kg級プレビュー

(2021年6月8日)

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】出口とクリムカイトの五輪代表争いついに終曲、初優勝狙う玉置は序盤から強敵と連戦
ブダペスト世界選手権2021・女子57kg級プレビュー
eJudo Photo
現役世界王者の出口クリスタ

日本代表選手:玉置桃(三井住友海上)

(エントリー39名)

長きにわたった戦いもいよいよ終曲。現役世界王者の出口クリスタ(カナダ)とジェシカ・クリムカイト(カナダ)、世界ランク1位と2位の強者による五輪代表争いがきょう、ついに決着する。当初はカナダの規定により直接対決の三番勝負で代表を決するはずだったが、コロナ禍で日本在住の出口がカナダに渡り試合を行うことが困難となり、急遽この大会の成績上位者をそのまま代表に選ぶ形式が採られることとなった。過去直接対決で6勝0敗の出口にとっては少々厳しい決定だが、こうなった以上は勝利するしかない。両者は世界ランクそのままに出口が第1、クリムカイトが第2シード配置となっており、直接対決が組まれるのは決勝ラウンドだ。

そして最大の変数は、日本代表・玉置桃(三井住友海上)の存在。配置は第4シード、順当に行けば準決勝で出口と戦うことになる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る