PAGE TOP ↑
eJudo

【即日レポート】志々目愛に隙なし、粘り強い戦いで2度目の金メダル決める/ブダペスト世界選手権女子52kg級レポート

(2021年6月8日)

※ eJudoメルマガ版6月7日掲載記事より転載・編集しています。
【即日レポート】志々目愛に隙なし、粘り強い戦いで2度目の金メダル決める
ブダペスト世界選手権女子52kg級レポート
eJudo Photo
決勝、志々目愛がアナ・ペレス=ボックスから内股「技有」

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

ハンガリーで行われている世界柔道選手権2021は7日、現地ブダペストのパップ・ラズロ・スポーツアリーナで第2日目の男女それぞれ1階級ずつの競技を行い、女子52kg級は志々目愛(了徳寺大職)が優勝を飾った。志々目は同じ会場で行われた2017年大会に続く2度目の世界王者、同大会以降4大会連続のメダル獲得。

志々目は今回の参加者の中では実績、実力ともに図抜けた優勝候補。すべての相手が得意の内股を掛けさせまいと釣り手を絞り、引き手を切り、少しでも決着を先延ばさんと粘ったが志々目は決して慌てることなし。粘り強く組み手をやり直し、崩しては寝技に持ち込み、良い形で組めたワンチャンスは確実に得点に繋げていく。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る