PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】本番前全試合終了、東京五輪代表7名「採点表」<男子>

(2021年5月25日)

※ eJudoメルマガ版5月25日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】本番前全試合終了、東京五輪代表7名「採点表」<男子>
eJudo Photo
研究されるリスクを最小限に、しっかりテストを終わらせた髙藤直寿。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

1月のワールドマスターズ・ドーハから始まった五輪日本代表の“調整試合シリーズ”が、今月のグランドスラム・カザンで終了。既に個別で評を書かせて頂いた選手もいる(この先まだ書くかもしれない)が、一連の試合のこの時点での総括を、「採点表」という形で残しておく。

10点満点、評価はあくまで大会終了時。あれから既に3週間が経過、各選手それぞれ課題のクリアに勤しんでいるはずで状況は変わっているものと思われるが、この点お含みの上でお読み頂きたい。まずは男子の7名から。

60kg級 髙藤直寿 7.5
成績:アジア・オセアニア選手権 優勝


試合は結果、内容とも文句なし。本人が出国前の取材会で語っていた新たな技や柔道の幅という点で言えば物凄く新しいものを見せてくれたというわけではないが、隠すべきものを隠したまま、奥行きを残したまましっかり必要なもの(たとえば試合勘)を確認したと解釈出来る大会だった。髙藤、ここまでの長いキャリアで新たなモードを持ち込んだ大会は、ことごとく勝っている。リオ五輪敗退の一因が徹底研究に晒されたことと考えるならば、本番前にライバルたちに研究材料を与え過ぎるべきではない。であれば1大会のみのピンポイント出場、それもワールドツアーではなく敢えて(対戦相手のレベルは高いが比較的注目度が低く、映像の残りにくい)コンチネンタル選手権という選択はまったく正しいと考えるし、内容も「このくらい」で良いのだと思う。大野将平とはまた違うやり方で五輪の勝ち方や「柔道」自体を俯瞰しているという印象すらあり。あとは、コンディションで周囲に置いて行かれたリオ五輪と2019年世界選手権の反省を踏まえてピーキングに勤しむのみ。「力が余って仕方がない」というような最高のコンディションで畳に上がって欲しい。

66kg級 阿部一二三 6.5
成績:グランドスラム・アンタルヤ 優勝


...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る