PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]新井千鶴は3位、優勝は21歳タイマゾワが攫う/グランドスラム・カザン2021第2日女子(63kg級、70kg級)

(2021年5月7日)

※ eJudoメルマガ版5月7日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]新井千鶴は3位、優勝は21歳タイマゾワが攫う
グランドスラム・カザン2021第2日女子(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
70kg級準決勝、マディーナ・タイマゾワと戦う新井千鶴

eJudo Photo
3位決定戦、新井がヒルデ・ヤヘルから逆転の内股「一本」

グランドスラム・カザン大会が6日、現地のタトネフチ・アリナで日程2日目を迎え、男子73kg級と81kg級、女子63kg級と70kg級の計4階級の競技が行われた。

この日日本勢唯一の出場となった女子70kg級の新井千鶴(三井住友海上)は3位。比較的得意とするケンカ四つの対戦が続いたこともあり、キム・ソンヨン(韓国)を大外刈と崩袈裟固の合技「一本」、アリーチェ・ベッランディ(イタリア)を横四方固「一本」と極めて順調に勝ち上がっていたが、準決勝に落とし穴。躍進中のマディーナ・タイマゾワ(ロシア)を相手にこの試合も良い組み手を展開して視界良好と思われたが、GS延長戦に内股をかわして流れたところに一本背負投に食いつかれて横転。思わぬ「技有」失陥で本戦トーナメントから脱落することとなってしまった。

迎えた3位決定戦もヒルデ・ヤヘル(オランダ)を相手に良い組み手を作り続けながら、組み際の小内刈を食って「技有」を失うという思わぬ展開。しかしこれでスイッチが入ったか直後にこの日一番の美技炸裂、2分49秒内股「一本」で逆転勝ちを収め、ぶじ銅メダルを確保した。

eJudo Photo
70kg級決勝、タイマゾワがジョヴァンナ・スコッチマッロから大外刈「技有」

優勝は新井に勝利したタイマゾワ。決勝はジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)に攻め込まれて疲労困憊、「指導3」失陥の危機をぎりぎりで踏みとどまり続ける苦しい展開。しかし相手の技からともに縺れての立ち際にいち早く反応し、半ば座ったままの相手を右大外刈で押し込んでGS延長戦4分31秒「技有」奪取。逆転で優勝を決めた。押し込むような巻き込み技の得意なタイマゾワだが、新井戦と同じく崩れてからの立ち直りの早さ、バランスの良さというもう1つの長所を利しての勝利だった。2019年世界ジュニア選手権で2位入賞(※優勝は朝飛真実)、21歳のタイマゾワはこれがワールドツアー初優勝。

eJudo Photo
63kg級決勝、アガタ・オズドバ=ブラフがケトレイン・クアドロスから小内巻込「技有」

63kg級は34歳のケトレイン・クアドロス(ブラジル) と33歳のアガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)が決勝で激突。大熱戦の末に迎えたGS延長戦2分11秒、オズドバ=ブラフが得意の小内巻込で「技有」を奪って勝利を決めた。オズドバ=ブラフはこの日5戦して4戦をこの技で勝利、得意技がみごとに嵌った大会だった。

3位にはクリスティーナ・カバナ=ペレス(スペイン)とサンネ・フェルメール(オランダ)が優勝。五輪代表争いの渦中にあるハン・ヒジュとチョ・モッキの韓国勢2人はともに初戦敗退に終わった。

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級メダリスト。左から2位のケトレイン・クアドロス、優勝のアガタ・オズドバ=ブラフ、3位のエカテリーナ・ヴァルコワとサンネ・フェルメール。

(エントリー24名)

【入賞者】
1.OZDOBA-BLACH, Agata (POL)
2.QUADROS, Ketleyn (BRA)
3.CABANA PEREZ, Cristina (ESP)
3.VERMEER, Sanne (NED)
5.VALKOVA, Ekaterina (RUS)
5.LESKI, Andreja (SLO)
7.SHARIR, Gili (ISR)
7.TRAJDOS, Martyna (GER)

【成績上位者】
優 勝:アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)
準優勝:ケトレイン・クアドロス(ブラジル)
第三位:エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)、サンネ・フェルメール(オランダ)

【準々決勝】
アンドレヤ・レスキ(スロベニア)○GS技有・小外掛(GS8:06)△ギリ・シャリル(イスラエル)
ケトレイン・クアドロス(ブラジル)○合技[小外刈・出足払](3:11)△クリスティーナ・カバナ=ペレス(スペイン)
アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)○優勢[技有・小内巻込]△サンネ・フェルメール(オランダ)
エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)○GS反則[指導3](GS1:17)△マルティナ・トライドス(ドイツ)

【敗者復活戦】
クリスティーナ・カバナ=ペレス(スペイン)○GS反則[指導3](GS3:29)△ギリ・シャリル(イスラエル)
サンネ・フェルメール(オランダ)○小外掛(1:24)△マルティナ・トライドス(ドイツ)

【準決勝】
ケトレイン・クアドロス(ブラジル)○GS谷落(GS2:37)△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)
アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)○GS腰車(GS0:22)△エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)

【3位決定戦】
エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)○合技[巴投・一本背負投](1:28)△クリスティーナ・カバナ=ペレス(スペイン)
サンネ・フェルメール(オランダ)○優勢[技有・背負投]△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)

【決勝】
アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)○GS技有・小内巻込(GS2:11)△ケトレイン・クアドロス(ブラジル)

■ 70kg級
eJudo Photo
70kg級メダリスト。左から2位のジョヴァンナ・スコッチマッロ、優勝のマディーナ・タイマゾワ、3位のアンナ・ベルンホルムと新井千鶴。

(エントリー25名)

【入賞者】
1.TAIMAZOVA, Madina (RUS)
2.SCOCCIMARRO, Giovanna (GER)
3.BERNHOLM, Anna (SWE)
3.ARAI, Chizuru (JPN)
5.PORTELA, Maria (BRA)
5.JAGER, Hilde (NED)
7.BELLANDI, Alice (ITA)
7.NIANG, Assmaa (MAR)

【成績上位者】
優 勝:マディーナ・タイマゾワ(ロシア)
準優勝:ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)
第三位:アンナ・ベルンホルム(スウェーデン)、新井千鶴

【準々決勝】
新井千鶴○GS横四方固(GS2:12)△アリーチェ・ベッランディ(イタリア)
マディーナ・タイマゾワ(ロシア)○背負投(3:26)△アンナ・ベルンホルム(スウェーデン)
ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)○内股(1:59)△アッスマ・ニアン(モロッコ)
マリア・ポルテラ(ブラジル)○反則[指導3](3:36)△ヒルデ・ヤヘル(オランダ)

【敗者復活戦】
アンナ・ベルンホルム(スウェーデン)○GS腕挫十字固(GS1:53)△アリーチェ・ベッランディ(イタリア)
ヒルデ・ヤヘル(オランダ)○反則[指導3](3:06)△アッスマ・ニアン(モロッコ)

【準決勝】
マディーナ・タイマゾワ(ロシア)○GS技有・一本背負投(GS1:22)△新井千鶴
ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)○GS反則[DH](GS2:48)△マリア・ポルテラ(ブラジル)
※「ヘッドダイブ」による

【3位決定戦】
アンナ・ベルンホルム(スウェーデン)○優勢[技有・横掛]△マリア・ポルテラ(ブラジル)
新井千鶴○内股(2:49)△ヒルデ・ヤヘル(オランダ)

【決勝】
マディーナ・タイマゾワ(ロシア)○GS技有・大外刈(GS4:31)△ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)

【日本代表選手勝ち上がり】

新井千鶴(三井住友海上)
成績:3位


[2回戦]
新井千鶴○合技[大外刈・崩袈裟固](2:42)△キム・ソンヨン(韓国)

[準々決勝]
新井千鶴○GS横四方固(GS2:12)△アリーチェ・ベッランディ(イタリア)

[準決勝]
新井千鶴△GS技有・一本背負投(GS1:22)○マディーナ・タイマゾワ(ロシア)

[3位決定戦]
新井千鶴○内股(2:49)△ヒルデ・ヤヘル(オランダ)

※ eJudoメルマガ版5月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る