PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]中国勢が2階級を制す/アジア・オセアニア柔道選手権第1日女子 (48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年4月6日)

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]中国勢が2階級を制す/アジア・オセアニア柔道選手権第1日女子 (48kg級、52kg級、57kg級)
キルギスタン・ビシュケクで6日開幕したアジア・オセアニア柔道選手権(旧アジア選手権、アジア・パシフィック選手権)、初日の女子は48kg級、52kg級、57kg級の競技が行われた。

豪華陣容となった男子と比べて、女子軽量級のメンバーは薄め。
ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)が当日欠場して有力選手ほぼゼロとなった48kg級は、リー・ヤナン(中国)が優勝。決勝はアビバ・アブジャキノワ(カザフスタン)を袈裟固「一本」で破った。

52kg級はパク・ダソル(韓国)が優勝。決勝はこのところワールドツアーで存在感を見せていたディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)を大内刈「技有」で破った。

57kg級も中国勢が優勝。ルー・トンジュアン(中国)が、山梨学院大所属のキム・チス(韓国)をGS延長戦の「指導3」で破った。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果は下記。

■ 48kg級
(エントリー12名)

【入賞者】
v
【3位決定戦】
リン・チェンハオ(台湾)○不戦△
グルヌル・ムラトバエワ(ウズベキスタン)○合技[背負投・袖釣込腰](2:59)△シュクロナ・カルチエワ(タジキスタン)

【決勝】
リー・ヤナン(中国)○袈裟固(2:32)△アビバ・アブジャキノワ(カザフスタン)

■ 52kg級
(エントリー15名)

【入賞者】
1.PARK, Da Sol (KOR)
2.KELDIYOROVA, Diyora (UZB)
3.KADAMBOEVA, Sita (UZB)
3.HSU, Lin Hsuan (TPE)
5.WARASIHA, Kachakorn (THA)
5.ZHANG, Kexin (CHN)
7.BABAMURATOVA, Gulbadam (TKM)
7.EASTON, Tinka (AUS)

【3位決定戦】
シタ・カダムボエワ(ウズベキスタン)○合技[小内刈・崩袈裟固](2:38)△カチャコーン・ワラシハ(タイ)
フス・リンフスアン(台湾)○GS合技[大内刈・出足払](GS0:52)△ジャン・ケシン(中国)

【決勝】
パク・ダソル(韓国)○優勢[技有・大内刈]△ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)

■ 57kg級
(エントリー13名)

【入賞者】
1.LU, Tongjuan (CHN)
2.KIM, Jisu (KOR)
3.NISHANBAYEVA, Sevara (KAZ)
3.ERMAGANBETOVA, Nilufar (UZB)
5.BISHOP, Justine (NZL)
5.NOVRUZOVA, Gozel (TKM)
7.BELDIAGINA, Kseniia (KGZ)
7.KOCHKONBAEVA, Adina (KGZ)

【3位決定戦】
セヴァラ・ニシャンバエワ(カザフスタン)○小外掛(2:04)△ジャスティン・ビショップ(ニュージーランド)
ニルファル・エルマガンベトワ(ウズベキスタン)○内股(0:44)△ゴゼル・ノヴルゾワ(トルクメニスタン)

【決勝】
ルー・トンジュアン(中国)○GS反則[指導3](GS1:40)△キム・チス(韓国)

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る