PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]髙藤直寿圧勝V、いまが旬の強豪たちを寄せ付けず/アジア・オセアニア柔道選手権第1日男子(60kg級、66kg級)

(2021年4月6日)

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]髙藤直寿圧勝V、いまが旬の強豪たちを寄せ付けず
アジア・オセアニア柔道選手権第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
優勝した髙藤直寿(写真は2019年11月)

今年のアジア王者を決めるアジア・オセアニア柔道選手権(旧アジア選手権、アジア・パシフィック選手権)が6日、キルギスタン・ビシュケクで開幕。初日の男子は60kg級と66kg級の競技が行われた。

60kg級は日本代表の髙藤直寿(パーク24)が圧勝。初戦を右袖釣込腰と左小内刈の合技「一本」で快勝すると、準々決勝では3月のグランドスラム・タシケントで3位、トビリシ大会でも2位入賞のケムラン・ヌリラエフ(ウズベキスタン)を相手にせず、2分5秒強烈な右袖釣込腰で「一本」。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る