PAGE TOP ↑
eJudo

原沢とウルフは2位、向は2大会連続の予選ラウンド敗退/グランドスラム・アンタルヤ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
原沢とウルフは2位、向は2大会連続の予選ラウンド敗退
グランドスラム・アンタルヤ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝、タメルラン・バシャエフが原沢久喜を内股透「一本」で下す。

トルコで行われているグランドスラム・アンタルヤ大会は3日に最終日を迎え、現地のアンタルヤ・スポーツホールで男女あわせて5階級の競技が行われた。日本は男子3階級それぞれに東京五輪の代表選手を送り込み、100kg超級の原沢久喜(百五銀行)と100kg級のウルフアロン(了徳寺大職)は2位、90kg級の向翔一郎(ALSOK)は初戦敗退だった。

原沢はフルカン・グネル(トルコ)から崩袈裟固「一本」、テムル・ラヒモフ(タジキスタン)からGS延長戦の内股「技有」、ウシャンギ・コカウリ(アゼルバイジャン)から「指導3」の反則でそれぞれ勝利。順調に決勝まで勝ち上がったが、タメルラン・バシャエフ(ロシア)の誘いに乗ってしまい、内股透「一本」で敗れた。

バシャエフは準決勝で東京世界選手権の覇者ルカシュ・クルパレク(チェコ)も袖釣込腰「一本」で破るなど全試合一本勝ち。五輪代表はイナル・タソエフにほぼ決定かと推測される情勢だが、変わらぬ存在感の高さを見せつけた。3位にはクルパレクとステファン・ヘギー(オーストリア)が入賞した。

ウルフは予選ラウンドで2度「技有」を失うピンチをいずれも逆転勝ち。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る