PAGE TOP ↑
eJudo

五輪補欠選手7名が代表入り、2枠目代表は村尾三四郎と古賀玄暉/ブダペスト世界柔道選手権2021

(2021年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
五輪補欠選手7名が代表入り、2枠目代表は村尾三四郎と古賀玄暉/ブダペスト世界柔道選手権2021
eJudo Photo
発表会見に臨む金野潤強化委員長と井上康生監督

全日本柔道連盟は4日、この日行われていた全日本柔道選抜体重別選手権の競技終了後に強化委員会を開き、6月にハンガリー・ブダペストで行われる世界選手権の男子代表を選考した。

東京五輪代表の補欠選手7名は、この日の大会を欠場した4名を含めて全員が代表入り。残る「2枠目」の代表には講道館杯を2連覇して2019年東京世界選手権でも団体戦代表を務めた90kg級の村尾三四郎(東海大3年)と、この日60kg級で初優勝した古賀玄暉(旭化成)が選ばれた。

発表会見に臨んだ金野潤強化委員長は「(規定通り)2019年以降の国際大会を参考にしたが、(新型コロナウイルスの感染拡大により)大会数が制限されている中、近々の大会にどうしてもウエイトが掛かることにはなるが、総合的に判断した」とした。古賀が国内のシニア大会に優勝したのはこれが初めてだが、ジュニア世代が送り込まれた2019年4月のアジア・パシフィック選手権で優勝、これを受けて送り込まれた2019年9月のグランプリ・タシケントで2位と、国内シニアで入賞する以前に送り込まれた大会の実績があり、国際大会の実績を重視する規定上有利となった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る