PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]「全日本男」佐々木健志が図抜けた強さで81kg級制覇、73kg級は31歳海老沼匡が制す/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日

(2021年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]「全日本男」佐々木健志が図抜けた強さで81kg級制覇、73kg級は31歳海老沼匡が制す
2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日
eJudo Photo
81kg級準決勝、佐々木健志が佐藤正大から跳腰「一本」

福岡国際センター(福岡市)で行われている2021年全日本選抜柔道体重別選手権が4日、最終日を迎え、男子7階級で今年の体重別柔道日本一が決まった。

81kg級は12月の全日本柔道選手権を沸かせた「全日本男」佐々木健志が圧勝V。組み合わせ配置の厳しさなど関係なし、1回戦は友清光(日本製鉄)を2分37秒袖釣込腰と崩上四方固の合技「一本」、準決勝は粘りの身上の佐藤正大(自衛隊体育学校)を僅か16秒の跳腰「一本」で一蹴。圧巻は第1シードの藤原崇太郎(旭化成)を腕挫十字固「一本」に仕留めた決勝戦。右小外刈で投げに出ると、藤原が反応良く切り返して空中で佐々木の上に被る。藤原が上に被って投げ返した、と思われたその瞬間、既に佐々木が腕挫十字固に入り込んでいた。反応スピードを遥かに超えた攻撃に藤原は「参った」するほかなく、試合は唐突に決着。2分50秒「一本」で佐々木の優勝が決まった。

全日本選手権に続く「佐々木劇場」。単に強いだけでは収まらない、「余り」を残したままの圧勝劇に会場は騒然。無観客ながら、関係者のどよめきが会場を包み、しばし収まることがなかった。

欠場者続出の大会にあって8人全員が参戦したハイレベル階級・73kg級は31歳となった海老沼匡(パーク24)が優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る