PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]48kg級角田夏実が圧勝V、超級は冨田若春が制す/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日

(2021年4月3日)

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]48kg級角田夏実が圧勝V、超級は冨田若春が制す
2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日
eJudo Photo
48kg級決勝、角田夏実が古賀若菜から腕挫十字固「一本」

体重別で今年の柔道日本一を争う2021年全日本柔道選抜体重選手権大会がきょう3日、福岡国際センター(福岡市)で開幕。初日は女子全7階級の競技が行われた。

48kg級は第1シード選手の角田夏実(了徳寺大職)が他をまったく寄せ付けぬ、圧勝V。初戦は坂上綾(三井住友海上)から一方的に2つの「指導」を奪った末にGS延長戦1分10秒得意の腕挫十字固「一本」、準決勝は吉岡光(山梨学院大1年)をこれも得意の巴投「技有」の優勢で破ると、決勝は2019年大会の覇者・古賀若菜(山梨学院大1年)を僅か28秒の腕挫十字固「一本」で破った。この日の強さは、「一本」2つに「技有」優勢1つというスタッツだけでは表現し切れない圧倒的なもの。3試合の中に、危ない場面はただの1つもなし。常に先んじて展開を取り、組み勝ち、嵌め、先に掛け、極め、最終的には誰もが警戒しているはずの巴投と腕挫十字固で勝ち切るという完璧な内容だった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る