PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】濵田尚里の戦いぶりに注目、78kg超級はシウとシェイフ=ルーフーの準決勝が山場/グランドスラム・アンタルヤ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)

(2021年4月3日)

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】濵田尚里の戦いぶりに注目、78kg超級はシウとシェイフ=ルーフーの準決勝が山場
グランドスラム・アンタルヤ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
濵田尚里

文責:eJudo編集部

■78kg級 みどころは濵田尚里の戦いぶり、「らしい」柔道の発露に期待

(エントリー22名)

現役世界王者の濵田尚里(自衛隊体育学校)が参戦。ほかにトップ層の出場はなくトーナメント全体としては地味な印象が否めないが、濵田参加という一点を以て、この階級は十分に楽しめる。みどころは濵田の柔道それ自体だ。

濵田は1月のワールドマスターズ・ドーハでは決勝でライバルのマドレーヌ・マロンガ(フランス)に敗れて2位に終わっており、その試合中に膝を負傷している。試合後の様子や強化陣のコメントを聞く限りは重症ではなかったようだが、試合中は所謂「膝が抜けた」ような感じでもはや試合どころではないという感じだった。まず第一に、既に復調したと伝えられるこの膝の状態がどうなのかに注目したい。

濵田の対抗馬になり得る選手は(あくまで立技限定だが)、第2シードのマー・ジェンジャオ(中国)と第4シードのアントニーナ・シュメレワ(ロシア)くらい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る