PAGE TOP ↑
eJudo

髙藤直寿キルギスタンへ出発。状態は「完璧」、新たな柔道スタイルに自信/アジア・オセアニア柔道選手権2021

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
髙藤直寿キルギスタンへ出発。状態は「完璧」、新たな柔道スタイルに自信
アジア・オセアニア柔道選手権2021
eJudo Photo
取材に応じた髙藤直寿

アジア・オセアニア選手権(4月6日~9日、タジキスタン・ビシュケク)に出場する男子60kg級の髙藤直寿(パーク24)が1日深夜、成田空港から現地に出発。出国直前に報道陣の合同取材に応じた。

髙藤はこれが五輪代表内定後初の実戦。コンディションに関しては本人曰く「完璧」。この1年間は「スタンダードな日本の柔道を突き詰める」方向性で技術を上積みしたとのことで、報道陣に内容を問われると「持ち技すべてを左右で出来るようにしてきた」「大外刈や払腰など、分かりやすく『投げる』技を身に着けた」と自信に満ちたコメントが続出。戦略性の高い柔道が持ち味だが、五輪に向けて新たなステージに踏み込みつつあることを伺わせた。

アジア・オセアニア選手権の60kg級エントリー選手のレベルは極めて高く、イェルドス・スメトフ(カザフスタン)やシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)ら難敵が目白押し。敢えてテストの場に選んだこの難しい大会で、髙藤がどんな柔道を繰り広げてくれるか注目である。

髙藤のコメントは下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る