PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】ブーシェミン=ピナードの2週連続優勝濃厚。70kg級のV候補はポリング、注目選手はマトニヤゾワ/グランドスラム・アンタルヤ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】ブーシェミン=ピナードの2週連続優勝濃厚。70kg級のV候補はポリング、注目選手はマトニヤゾワ
グランドスラム・アンタルヤ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
文責:eJudo編集部

■ 63kg級 選手の顔ぶれトビリシと変わらず、ブーシェミン=ピナードの2週連続V濃厚
eJudo Photo
キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)

(エントリー25名)

先週のグランドスラム・トビリシと参加者の顔ぶれがほぼ同じ、つまり強豪の影は薄い。さらにマグダレナ・クルサコワ(オーストリア)らが抜け、トーナメントの重心はさらに中堅層側に一歩寄った格好だ。

第1シードはトビリシ大会を全試合一本勝ちで制したキャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)。参加者の顔ぶれはほぼ変わらず、1週間で調子が大きく変わる可能性もまた少ないとなれば。今回もこの選手が優勝する可能性が高いと見ておくのが妥当なところだろう。

この階級も48kg級や52kg級と同様、五輪出場ラインギリギリで戦う選手にとっての「ボーナス大会」の様相を呈している。ダンゴ状態さえ抜け出せば、超一線級と戦うことなく、この1大会だけで状況をまったく変えられるレベルの高ポイントを手にすることが可能だ。シード選手を中心に熱戦が見られるはず。

【プールA】
第1シード:キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)
第8シード:マリア・セントラッキオ(イタリア)
有力選手:アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)、インバル・シェメシュ(イスラエル)

【プールB】
第4シード:タン・ジン(中国)
第5シード:ルーシー・レンシャル(イングランド)

【プールC】
第2シード:アンリケリス・バリオス(ベネズエラ)
第7シード:ギリ・シャリル(イスラエル)
有力選手:エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)、ヨアンネ・ファンリシャウト(オランダ)

【プールD】
第3シード:ヤン・ジュインシア(中国)
第6シード:オズバス ・ソフィ(ハンガリー)

■ 70kg級 V候補はポリング、注目選手はマトニヤゾワ
eJudo Photo
キム・ポリング(オランダ)

(エントリー29名)

この階級も平時のワールドツアーと比べて強豪の参加は少なめ。第1シードのキム・ポリング(オランダ)や第3シードのマリア・ペレス(プエルトリコ)などトップ選手の姿も散見されるが、いかんせん絶対数が足りない。中堅選手中心のトーナメントだ。

優勝候補はポリング。先月のグランドスラム・テルアビブこそ5位と奮わなかったが、2019年以降は安定して結果を残しており、今回の参加者のなかでは地力で頭ひとつ抜けている。持ち味のパワフルな柔道、得意の裏投の炸裂に期待だ。

注目選手としてグルノザ・マトニヤゾワ(ウズベキスタン)の名を挙げておきたい。3月に行われたグランドスラム2大会(タシケント・トビリシ)で立て続けに3位入賞を果たしており、いま非常に乗っている。売りは豪快な腰技。ウズベキスタンの男子選手がよく用いる、相手もろとも畳にダイブするような跳腰も使いこなす。いま女子全体でもっとも「投げ」自体が魅力的な選手である。一線級との戦いでは巧さで跳ね返されることも多いが、日本の柔道ファンならば好きになること間違いなし。是非ここでチェックしておいて欲しい。今回は1回戦でイーファ・コーグラン(オーストラリア)、2回戦でジェンマ・ハウエル(イギリス)とトーナメント中で最も密度の高い山を引いたが、いまの勢いであれば勝ち上がる可能性も十分だ。

eJudo Photo
グルノザ・マトニヤゾワ(ウズベキスタン)

【プールA】
第1シード:キム・ポリング(オランダ)
第8シード:メガン・フレッチャー(アイルランド)
有力選手:ゲルチャク ・サビナ(ハンガリー)

【プールB】
第4シード:エルビスマル・ロドリゲス(ベネズエラ)
第5シード:アッスマ・ニアン(モロッコ)
有力選手:タイシア・キリエワ(ロシア)

【プールC】
第2シード:ジェンマ・ハウエル(イングランド)
第7シード:マリア・ベルナベウ(スペイン)
有力選手:グルノザ・マトニヤゾワ(ウズベキスタン)、イーファ・コーグラン(オーストラリア)、アンカ・ポガクニク(スロベニア)、アレナ・プロコペンコ(ロシア)

【プールD】
第3シード:マリア・ペレス(プエルトリコ)
第6シード:バルバラ・マティッチ(クロアチア)
有力選手:アリーチェ・ベッランディ(イタリア)、ガブリエラ・ウィレムス(ベルギー)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る