PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】地元アルバイラクとジログルに期待、注目はいまが旬のパルラーティ/グランドスラム・アンタルヤ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】地元アルバイラクとジログルに期待、注目はいまが旬のパルラーティ
グランドスラム・アンタルヤ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
2018年の世界ジュニア王者ビラル・ジログル(トルコ)

文責:eJudo編集部

■73kg級 柔道自体に魅力ある選手多し、注目は地元期待のジログル

(エントリー41名)

この階級もトップ選手の出場はなく、トーナメントの中心は中堅から上位の境界線に位置する選手たち。このクラスの代表格であるアルチュール・マルジェリドン(カナダ)とトミー・マシアス(スウェーデン)が揃ってAシード入りしていることにもこのあたり端的だ。かといってトーナメントのレベルが低いわけではなく、役者もなかなか豊富。ファビオ・バジーレ(イタリア)、ヴィクトル・ステルプ(モルドバ)ら柔道自体が魅力的な強豪がそこかしこに散りばめられており、みどころは十分である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る