PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]出口クリスタ優勝、決勝はクリムカイトとの同国対決制す/グランドスラム・アンタルヤ2021第1日女子(48kg級、57kg級、63kg級)

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]出口クリスタ優勝、決勝はクリムカイトとの同国対決制す
グランドスラム・アンタルヤ2021第1日女子(48kg級、57kg級、63kg級)
<WEB版に表示の不具合がありましたので再送します>

eJudo Photo
57kg級決勝、出口クリスタがジェシカ・クリムカイトを大内刈で攻める。

1日に開幕したグランドスラム・アンタルヤ大会、初日の女子は軽量3階級の競技が行われ、57kg級は出口クリスタ(カナダ)が、決勝で五輪代表争いのライバルであるジェシカ・クリムカイト(カナダ)を破って優勝を決めた。出口はこれでクリムカイト相手に直接他愛傑6連勝、いまだ無敗。

過去5戦は圧倒した出口だが、この日はGS延長戦4分18秒の長時間試合。ともに「指導2」を失った状態から、偽装攻撃の「指導」で決着するという辛勝だった。この日クリムカイトは不調で、準決勝までで決めた投げはゼロ、全てが「指導3」による勝利。しかし序盤戦から調子の悪さを割り切り、得意の担ぎ技で手数を稼ぐことに徹した試合姿勢が逆に善戦を呼び込んだという格好だった。

出口は準決勝までの全試合で投技のポイントをマーク、準決勝は難敵ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)を大内刈と後袈裟固の合技「一本」で一蹴しており、前週のグランドスラム・トビリシでの思わぬ敗退(3位)からしっかり立ち直りを見せた。

カナダの五輪代表決定戦は6月との情報。規定通りであれば、「3番勝負」と直接対決が組まれる。

eJudo Photo
52kg級決勝、ディヨラ・ケルディヨロワがエストレーヤ・ロペス=シェリフから袖釣込腰「一本」。

52kg級はディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)が全試合一本勝ちの圧勝V。準決勝はアガタ・ペレンク(ポーランド)を開始59秒の腕挫十字固「一本」、決勝はエストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)を24秒得意の袖釣込腰「一本」に沈めた。もっか男女ともにウズベキスタンチームは上り調子、その特徴である投げの威力、力強い柔道をケルディヨロワもしっかり体現していた。

48kg級はトビリシ大会で2位入賞を果たしたフランチェスカ・ミラニ(イタリア)がワールドツアー初優勝。準々決勝でV候補筆頭のパウラ・パレト(アルゼンチン)を足車「技有」で破り、決勝はフランチェスカ・ジョルダ(イタリア)との同国対決を「指導3」で制した。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位のフランチェスカ・ジョルダ、優勝のフランチェスカ・ミラニ、3位のグルカデル・センツルクとシラ・リショニー。

(エントリー27名)

【入賞者】
1.MILANI, Francesca (ITA)
2.GIORDA, Francesca (ITA)
3.SENTURK, Gulkader (TUR)
3.RISHONY, Shira (ISR)
5.PARETO, Paula (ARG)
5.PAVLENKO, Anastasia (RUS)
7.HARBAOUI, Rania (TUN)
7.SAHIN, Ebru (TUR)

【成績上位者】
優 勝:フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
準優勝:フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)
第三位:グルカデル・センツルク(トルコ)、シラ・リショニー(イスラエル)

【準々決勝】
フランチェスカ・ミラニ(イタリア)○GS技有・足車(GS0:46)△パウラ・パレト(アルゼンチン)
アナスタシア・パヴレンコ(ロシア)○GS技有・大外刈(GS4:53)△ラニア・ハルバウイ(チュニジア)
グルカデル・センツルク(トルコ)○反則[指導3](3:56)△シラ・リショニー(イスラエル)
フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)○優勢[技有・内股]△エブル・サヒン(トルコ)

【敗者復活戦】
パウラ・パレト(アルゼンチン)○合技[袖釣込腰・隅落](1:08)△ラニア・ハルバウイ(チュニジア)
シラ・リショニー(イスラエル)○合技[大内返・肩車](1:58)△エブル・サヒン(トルコ)

【準決勝】
フランチェスカ・ミラニ(イタリア)○崩上四方固(1:07)△アナスタシア・パヴレンコ(ロシア)
フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)○反則[指導3](3:11)△グルカデル・センツルク(トルコ)

【3位決定戦】
グルカデル・センツルク(トルコ)○反則[指導3](3:58)△パウラ・パレト(アルゼンチン)
シラ・リショニー(イスラエル)○優勢[技有・払巻込]△アナスタシア・パヴレンコ(ロシア)

【決勝】
フランチェスカ・ミラニ(イタリア)○反則[指導3](2:19)△フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から2位のエストレーヤ・ロペス=シェリフ、優勝のディヨラ・ケルディヨロワ、3位のギリ・コーヘンとアレクサンドラ・カレタ。

(エントリー23名)

【入賞者】
1.KELDIYOROVA, Diyora (UZB)
2.LOPEZ SHERIFF, Estrella (ESP)
3.COHEN, Gili (ISR)
3.KALETA, Aleksandra (POL)
5.PERENC, Agata (POL)
5.CINCI, Zeliha (TUR)
7.CESAR, Taciana (GBS)
7.CASTAGNOLA, Martina (ITA)

【成績上位者】
優 勝:ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)
準優勝:エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)
第三位:ギリ・コーヘン(イスラエル)、アレクサンドラ・カレタ(ポーランド)

【準々決勝】
アレクサンドラ・カレタ(ポーランド)○合技[内股・谷落](1:30)△ギリ・コーヘン(イスラエル)
エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)○払釣込足(1:26)△タシアナ・セザル(ギニアビサウ)
アガタ・ペレンク(ポーランド)○GS技有・肩車(GS2:49)△マルティーナ・カスタニョーラ(イタリア)
ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)○合技[袖釣込腰・袖釣込腰](2:50)△ゼリハ・ジンジ(トルコ)

【敗者復活戦】
ギリ・コーヘン(イスラエル)○合技[小内巻込・後袈裟固](2:53)△タシアナ・セザル(ギニアビサウ)
ゼリハ・ジンジ(トルコ)○GS反則[指導3](GS4:38)△マルティーナ・カスタニョーラ(イタリア)

【準決勝】
エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)○大外落(1:27)△アレクサンドラ・カレタ(ポーランド)
ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)○腕挫十字固(0:59)△アガタ・ペレンク(ポーランド)

【3位決定戦】
ギリ・コーヘン(イスラエル)○優勢[技有・大内刈]△アガタ・ペレンク(ポーランド)
アレクサンドラ・カレタ(ポーランド)○合技[大内刈・隅返](0:35)△ゼリハ・ジンジ(トルコ)

【決勝】
ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)○袖釣込腰(0:24)△エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位のジェシカ・クリムカイト、優勝のクリスタ・デグチ、3位のユリア・コヴァルツィクとルー・トンジュアン。

(エントリー26名)

【入賞者】
1.DEGUCHI, Christa (CAN)
2.KLIMKAIT, Jessica (CAN)
3.KOWALCZYK, Julia (POL)
3.LU, Tongjuan (CHN)
5.OHAI, Loredana (ROU)
5.KHELIFI, Ghofran (TUN)
7.FILZMOSER, Sabrina (AUT)
7.TONIOLO, Veronica (ITA)

【成績上位者】
優 勝:クリスタ・デグチ(カナダ)
準優勝:ジェシカ・クリムカイト(カナダ)
第三位:ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)、ルー・トンジュアン(中国)


【1回戦】
マリア・スコラ(ウクライナ)○優勢[技有・小内刈]△ユリア・カザリナ(ロシア)
ロレダナ・オフイ(ルーマニア)○反則[指導3](3:06)△ジャスティン・ビショップ(ニュージーランド)
シルヴィア・ペリッテリ(イタリア)○GS反則[指導3](GS3:48)△アイセ=ヌル・ツンジャ(トルコ)
アルレタ・ポドラック(ポーランド)○腕挫十字固(0:17)△マリア・ホルグイン(アメリカ)
ハスレット・ボズクルト(トルコ)○反則[指導3](1:43)△レウン・ポサム(香港)
ヴェラ・ゼマノヴァ(チェコ)○反則[指導3](2:06)△ユン・ノクラム(香港)
ディアナ・ジガロス(ロシア)○合技[隅落・後腰](2:02)△ズレイハ=アブゼッタ・ダボンネ(コートジボワール)
ヴェロニカ・トニオーロ(イタリア)○腰車(2:54)△ハディール・エラルミ(ヨルダン)
レイラニ・アキヤマ(アメリカ)○優勢[技有・小外刈]△エズギ=カラデミル(トルコ)
シャノン・ファンデメーベルフ(オランダ)○反則[DH](3:54)△カルラ・ウバサルト=マスカロ(スペイン)
※蟹挟を施したことによる

【2回戦】
ジェシカ・クリムカイト(カナダ)○反則[指導3](3:56)△マリア・スコラ(ウクライナ)
ロレダナ・オフイ(ルーマニア)○GS技有・送足払(GS2:03)△シルヴィア・ペリッテリ(イタリア)
ルー・トンジュアン(中国)○大外巻込(2:34)△アルレタ・ポドラック(ポーランド)
ザブリナ・フィルツモザー(オーストリア)○優勢[技有・隅返]△ハスレット・ボズクルト(トルコ)
クリスタ・デグチ(カナダ)○合技[大内刈・大内刈]()△ヴェラ・ゼマノヴァ(チェコ)
ヴェロニカ・トニオーロ(イタリア)○優勢[技有・大内刈]△ディアナ・ジガロス(ロシア)
ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)○優勢[技有・隅落]△レイラニ・アキヤマ(アメリカ)
ゴーフラン・ヘリフィ(チュニジア)○不戦△シャノン・ファンデメーベルフ(オランダ)

【準々決勝】
ジェシカ・クリムカイト(カナダ)○反則[指導3](3:36)△ロレダナ・オフイ(ルーマニア)
ルー・トンジュアン(中国)○GS技有・小外掛(GS0:14)△ザブリナ・フィルツモザー(オーストリア)
クリスタ・デグチ(カナダ)○優勢[技有・浮落]△ヴェロニカ・トニオーロ(イタリア)
ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)○優勢[技有・背負投]△ゴーフラン・ヘリフィ(チュニジア)

【敗者復活戦】
ロレダナ・オフイ(ルーマニア)○合技[浮落・谷落](3:31)△ザブリナ・フィルツモザー(オーストリア)
ゴーフラン・ヘリフィ(チュニジア)○合技[出足払・谷落](1:06)△ヴェロニカ・トニオーロ(イタリア)

【準決勝】
ジェシカ・クリムカイト(カナダ)○反則[指導3](2:35)△ルー・トンジュアン(中国)
クリスタ・デグチ(カナダ)○合技[大内刈・後袈裟固](3:00)△ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)

【3位決定戦】
ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)○GS反則[指導3](GS1:43)△ロレダナ・オフイ(ルーマニア)
ルー・トンジュアン(中国)○優勢[技有・横落]△ゴーフラン・ヘリフィ(チュニジア)

【決勝】
クリスタ・デグチ(カナダ)○GS反則[指導3](GS4:18)△ジェシカ・クリムカイト(カナダ)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る