PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]阿部一二三、復帰戦を優勝で飾る/グランドスラム・アンタルヤ2021第1日男子(60kg級、66kg級)

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]阿部一二三、復帰戦を優勝で飾る
グランドスラム・アンタルヤ2021第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
66kg級決勝、阿部一二三がアルベルト・ガイテロ=マルティンから右小内刈「技有」

IJFワールドツアー大会今期4つ目のグランドスラムとなる、グランドスラム・アンタルヤ大会が1日、現地のアンタルヤ・スポーツホールで開幕。初日の男子は軽量2階級の競技が行われ、66kg級は阿部一二三(パーク24)が制した。

阿部は12月に東京五輪代表に内定してからこれが初めての実戦、昨年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ以来の国際大会。初戦は実力者ムフリディン・ティロヴォフ(ウズベキスタン)を相手に「指導」3つを奪っての勝利、動きの硬さ否めぬ印象であったが、以後はバウイルジャン・サギンガリウリー(カザフスタン)から3分2秒両袖の袖釣込腰「一本」、グレッグ・ヴァレイ(イギリス)を開始23秒に両袖の右大外刈「一本」と加速。準決勝でニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)を抱きつきの右大内刈「技有」で破ると、決勝は1月のグランドスラム・テルアビブを制して好調のアルベルト・ガイテロ=マルティン(スペイン)をGS延長戦の右小内刈「技有」で下した。

まだ試合勘は戻っておらず、新たに取り組んでいる低い担ぎ技も戦い方にフィットしていない印象であったが、長いブランク明けにも関わらずしっかり結果を残すのはさすが。世界王者の貫禄を見せた大会だった。

3位にはシハシザダとムラド・チョパノフ(ロシア)が入賞した。

eJudo Photo
60kg級決勝、ヨーレ・フェルストラーテンがワリード・キアから内股「一本」。キアが得意の帯取返に切り返さんとした末の決着、見ごたえのある攻防だった。

60kg級はヨーレ・フェルストラーテン(ベルギー)が素晴らしい出来で優勝。準決勝ではヤン・ユンウェイ(台湾)をケンケンの大内刈で追い込んでおいての内股「技有」、決勝はワリード・キア(フランス)を引き手で帯を持っての内股「一本」と、いずれも優勝候補から、それもタイプの違う相手を豪快に投げつけて優勝を決めた。寝技中心の手堅い中堅選手という印象を大きく覆す、「大化け」の1日だった。

2位にはヤンと、ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ(フランス)が入賞した。

各階級の入賞者と成績上位者、準々決勝以降と日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級メダリスト。左から2位のワリード・キア、優勝のヨーレ・フェルストラーテン、3位のヤン・ユンウェイと、ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ。

(エントリー35名)

【入賞者】
1.VERSTRAETEN, Jorre (BEL)
2.KHYAR, Walide (FRA)
3.YANG, Yung Wei (TPE)
3.BOUDA, Romaric Wend-Yam (FRA)
5.OGUZOV, Albert (RUS)
5.YILDIZ, Salih (TUR)
7.GERCHEV, Yanislav (BUL)
7.TAKABATAKE, Eric (BRA)

【成績上位者】
優 勝:ヨーレ・フェルストラーテン(ベルギー)
準優勝:ワリード・キア(フランス)
第三位:ヤン・ユンウェイ(台湾)、ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ(フランス)

【準々決勝】
サリ・イルディス(トルコ)○優勢[技有・釣込腰]△ヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)
ワリード・キア(フランス)○優勢[技有・裏投]△アルベルト・オグゾフ(ロシア)
ヤン・ユンウェイ(台湾)○優勢[技有・小外刈]△ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ(フランス)
ヨーレ・フェルストラーテン(ベルギー)○優勢[技有・横四方固]△エリック・タカバタケ(ブラジル)

【敗者復活戦】
アルベルト・オグゾフ(ロシア)○払巻込(3:21)△ヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)
ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ(フランス)○GS技有・大外刈(GS0:50)△エリック・タカバタケ(ブラジル)

【準決勝】
ワリード・キア(フランス)○合技[隅返・横四方固](2:50)△サリ・イルディス(トルコ)
ヨーレ・フェルストラーテン(ベルギー)○優勢[技有・内股]△ヤン・ユンウェイ(台湾)

【3位決定戦】
ヤン・ユンウェイ(台湾)○合技[背負投・崩上四方固](4:00)△アルベルト・オグゾフ(ロシア)
ホマリック=ウェン=ヤム・ブダ(フランス)○優勢[技有・大内刈]△サリ・イルディス(トルコ)

【決勝】
ヨーレ・フェルストラーテン(ベルギー)○内股(1:03)△ワリード・キア(フランス)

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級メダリスト。左から2位のアルベルト・ガイテロ=マルティン、優勝の阿部一二三、3位のムラド・チョパノフとニジャット・シハリザダ。

(エントリー46名)

【入賞者】
1.ABE, Hifumi (JPN)
2.GAITERO MARTIN, Alberto (ESP)
3.CHOPANOV, Murad (RUS)
3.SHIKHALIZADA, Nijat (AZE)
5.SAFAROV, Orkhan (AZE)
5.LE BLOUCH, Kilian (FRA)
7.VAREY, Gregg (GBR)
7.BOUSHITA, Abderrahmane (MAR)

【成績上位者】
優 勝:阿部一二三
準優勝:アルベルト・ガイテロ=マルティン(スペイン)
第三位:ムラド・チョパノフ(ロシア)、ニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)

【準々決勝】
阿部一二三○大外刈(0:23)△グレッグ・ヴァレイ(イギリス)
ニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)○GS大外刈(GS0:50)△オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)
ムラド・チョパノフ(ロシア)○大内刈(1:22)△アブデラフマネ・ブシタ(モロッコ)
アルベルト・ガイテロ=マルティン(スペイン)○優勢[技有・隅返](3:33)△キリアン・ルブルーシュ(フランス)

【敗者復活戦】
オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)○不戦△グレッグ・ヴァレイ(イギリス)
キリアン・ルブルーシュ(フランス)○GS反則[指導3](GS9:16)△アブデラフマネ・ブシタ(モロッコ)

【準決勝】
阿部一二三○優勢[技有・大内刈]△ニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)
アルベルト・ガイテロ=マルティン(スペイン)○GS技有・隅落(GS0:46)△ムラド・チョパノフ(ロシア)

【3位決定戦】
ムラド・チョパノフ(ロシア)○優勢[技有・裏投]△オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)
ニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)○大内返(3:26)△キリアン・ルブルーシュ(フランス)

【決勝】
阿部一二三○GS技有・小内刈(GS2:51)△アルベルト・ガイテロ=マルティン(スペイン)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る