PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】男子7階級展望/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会

(2021年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】男子7階級展望/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会
eJudo Photo

文責:eJudo編集部

■60kg級 永山欠場で様相激変、史上稀にみる大混戦

第1シードに配されていた東京五輪補欠代表の永山竜樹(了徳寺大学職員)が急性腰痛症、隅角分離症のために欠場。繰り上げで山本達彦(北関東綜合警備保障)がその枠に入った。

永山という柱を抜かれたトーナメントの様子は激変。シニアの世界大会経験者が誰もいない、誰が優勝してもおかしくない史上稀にみる混戦である。

形上の優勝候補は昨年10月の講道館杯で決勝の誤審により両者優勝となった米村克麻(センコー)と小西誠志郎(自衛隊体育学校)。ともに下側の山に配置されており、準決勝で潰し合うことになる。両者とも講道館杯でのパフォーマンスはまさにキャリアハイ、飛び抜けた出来であったが、ゆえに、かえってその再現性のほどは予想しがたい。米村の初戦は百戦錬磨の竪山将(パーク24)、小西には爆発力ある納庄兵芽(日本エースサポート)が配されており、まずここをしっかり勝ち上がれるかどうか。ファンとしては、お預けになっている講道館杯決勝の決着に注目というところ。混戦の60kg級世界にあって、2大会連続でビッグタイトルを獲得すれば、得られる権利はかなり大きいはず。米村と小西にとっては大チャンスである。

上側の山も下側に負けない大混戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る