PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】女子7階級展望/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会

(2021年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】女子7階級展望/2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会
文責:eJudo編集部

■48kg級 角田夏実の優勝濃厚、シナリオ揺らす可能性持つのは立川莉奈<

東京五輪補欠選手の角田夏実(了徳寺大学職)が第1シード。昨年の覇者の古賀若菜(山梨学院大2年)が第2シードに配されて、講道館杯優勝者の立川莉奈(福岡県警察)とともに反対側の山に置かれた。

優勝候補は角田。巴投と関節技を軸にしたスタイルは完成度が極めて高く、細身な印象に比して体の力もある。52kg級から階級を下げた直後の2019年講道館杯では凄まじい強さで優勝を飾った。実力は頭ひとつ抜けており、全員が同程度のコンディションならかなりの確率で優勝に辿り着くはずだ。唯一の不安要素は調整不良。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る