PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】豪華日本勢が大会支える、注目は久々登場の阿部一二三とウルフアロン/グランドスラム・アンタルヤ2021オーバービュー

(2021年4月1日)

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】豪華日本勢が大会支える、注目は久々登場の阿部一二三とウルフアロン
グランドスラム・アンタルヤ2021オーバービュー
eJudo Photo
31日に行われたオフィシャルドロー。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

今年のIJFワールドツアー4つ目の「グランドスラム」、トルコ・アンタルヤ大会がきょう1日に開幕する。この5週間でこれが3つ目のグランドスラム大会。前週のトビリシ大会終了から中4日、さらに中2日空けて今度はアジア・オセアニア選手権が控えるというこの超過密日程を受けて、さすがに参加選手の陣容は薄め。もともと強豪選手の数が極端に限られる女子48kg級や52kg級、63kg級などはほとんど崩壊状態。五輪当落線上のローランキング選手が1大会で状況を根こそぎ変えることすら可能なボーナス大会の様相を呈している。

その中にあって、大会の目玉はなんと言っても五輪日本代表5人。66kg級の阿部一二三(パーク24)、90kg級の向翔一郎(ALSOK)、100kg級のウルフアロン(了徳寺大職)、100kg超級の原沢久喜(百五銀行)、そして女子78kg級の濵田尚里(自衛隊体育学校)と揃ったこの豪華な日本勢が、危機に陥ったIJF興行を一手に支えていると言って過言ではない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る