PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】大物出現、橋口茉央が全試合を投技「一本」の圧勝V/第43回全国高等学校柔道選手権女子無差別レポート

(2021年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】大物出現、橋口茉央が全試合を投技「一本」の圧勝V
第43回全国高等学校柔道選手権女子無差別レポート
eJudo Photo
準決勝、橋口茉央が稲葉千皓から大内刈「一本」

取材・文:eJudo編集部

【決勝まで】

橋口茉央(佐賀県・佐賀商高)と椋木美希(岡山県・創志学園高)、ともに強烈な「一本」を連発してひときわ目立っていた2名が決勝へと勝ち上がった。

橋口は全試合一本勝ちでの決勝進出。1回戦で岡葉月(栃木県・足利短大附高)を僅か26秒の右払腰「一本」(0:26)で畳に沈めると、2回戦で丹波那月(和歌山県・箕島高)に右内股「一本」(0:50)、3回戦で小林絆(京都府・立命館宇治高)に右払腰「一本」(0:35)と、3試合続けて1分以内に、それも豪快な投げで試合を決める圧巻の勝ち上がり。準々決勝では鋭い足技の切れも見せ、檮木碧(三重県・高田高)を右小外刈「一本」(1:20)に沈めてベスト4入り。続く準決勝も稲葉千皓(東京都・国士舘高)をまったく相手にせず、右小内刈「技有」、右大内刈「一本」(2:29)と2度投げつけて一蹴。凄まじい強さで決勝の畳へと辿り着いた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る