PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】石岡来望、しぶとい柔道で初の全国優勝もぎとる/第43回全国高等学校柔道選手権女子63kg級レポート

(2021年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】石岡来望、しぶとい柔道で初の全国優勝もぎとる
第43回全国高等学校柔道選手権女子63kg級レポート
eJudo Photo
3回戦、石岡来望が松田蘭から背負投「技有」

取材・文:eJudo編集部

【決勝まで】

石岡来望(岡山県・創志学園高)と鹿歩夏(佐賀県・佐賀商高)の、2019年インターハイでともに1年生ながらベスト8まで勝ち上がっている実力者2名が決勝へと勝ち上がった。

石岡は2回戦から登場すると、初戦で福本麻尋(徳島県・板野高)に得意の左背負投「一本」(0:37)と上々の滑り出し。以降も3回戦で松田蘭(三重県・名張高)に背負投で2度投げての合技「一本」(2:20)、準々決勝で髙梨美宙(山形県・羽黒高)に左内巻込「技有」から袈裟固で抑え込んでの合技「一本」(1:45)と万全の内容でベスト4入りを決める。準決勝の相手は前戦で辻ななる(石川県・津幡高)との優勝候補対決を右大内刈「一本」(2:42)で制して勝ち上がってきた矢澤愛理(長野県・松商学園高)。石岡にとっては2019年全日本カデ選手権の決勝で敗れた因縁の相手でもある。この試合は両者一歩も譲らず「指導1」を取り合ってGS延長戦へともつれ込むが、最後は石岡が両袖の袖釣込腰、一度耐えられたところから強引に押し込んでの「技有」(GS4:20)を得て勝利。ライバルとの大一番を制して決勝進出を果たした。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る