PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】底の知れない大物感、江口凛が徹底マーク振り切って優勝飾る/第43回全国高等学校柔道選手権女子57kg級レポート

(2021年3月30日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
底の知れない大物感、江口凛が徹底マーク振り切って優勝飾る
第43回全国高等学校柔道選手権女子57kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、井田侑希が山本空から袖釣込腰「一本」

取材・文:eJudo編集部

【決勝まで】

絶対的な優勝候補と目されていた江口凛(神奈川県・桐蔭学園高)が順当に決勝進出。反対側の山からは井田侑希(埼玉県・児玉高)が勝ち上がった。

井田は1回戦で郷原百恵(京都府・京都文教高)を右袖釣込腰「技有」の優勢で下してトーナメントをスタート。続く2回戦は森川柔(山形県・羽黒高)にGS延長戦での僅差勝利(GS2:21)と振るわなかったが、以降は持ち味の投げ技が冴え渡り3試合続けての一本勝ち。3回戦で大山明莉(東京都・藤村女子高)から右内股「技有」に左一本背負投「一本」(2:28)、準々決勝で瀬野智香(香川県・坂出第一高)から豪快な右内股「一本」(0:17)、準決勝で山本空(大阪府・東大阪大敬愛高)から左袖釣込腰「技有」に右袖釣込腰「一本」(2:37)と計5つの投げを決めて決勝の畳に辿り着いた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る