PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】長澤篤希が全試合一本勝ちでV、決勝は得意の寝技で勝負決める/第43回全国高等学校柔道選手権男子81kg級レポート

(2021年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
長澤篤希が全試合一本勝ちでV、決勝は得意の寝技で勝負決める
第43回全国高等学校柔道選手権男子81kg級レポート
文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

eJudo Photo
準々決勝、東郷丈児が吉澤勇志郎から背負投「一本」

eJudo Photo
長澤篤希が河田陸久斗から大内刈「一本」

【決勝まで】

優勝候補と目された2人が上位に勝ち上がれず。2年生世代の全国中学校大会の覇者・菊池駿星(愛知・大成高)は1回戦で岡元美乃合(大阪・東海大仰星高)を相手に力を出せず、終盤巴投を食って「技有」失陥、そのまま終戦となった。神奈川県から2年連続で代表権を得た天野開斗(神奈川・東海大相模高)は3回戦で河田陸久斗(北海道・北海高)に押し込まれ、僅差優勢で苦杯。

その中を決勝に進んだのは東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)と長澤篤希(静岡・静岡学園高)の、ともに中学時代から実績を残している2年生ふたり。

全国中学校大会3位の東郷は優勝候補の一角。初戦は南波魁(島根・開星高)に僅差の優勢勝ちだったが、以降は骨の太い戦いぶりで「一本」を連発。2回戦は河添楓斗(岐阜・中京高)を1分26秒を横四方固「一本」、3回戦は武嶋俊樹(山口・高水高)をGS延長戦52秒背負投「一本」、準々決勝は吉澤勇志郎(千葉・木更津総合高)をGS延長戦52秒これも背負投「一本」と快走。準決勝は1年生世代の全国中学校大会王者・長谷川環(東京・日体大荏原高)を畳に迎え、1分49秒崩袈裟固「一本」で勝利。充実の勝ち上がりで決勝戦へと駒を進めることとなった。

全国中学校大会73kg級3位の実績を持つ長澤も、全試合一本勝ちでの決勝進出。2回戦で川頭渉(佐賀・佐賀北高)をGS延長戦43秒の小外掛「一本」に沈め、3回戦は村井凌河(宮城・柴田高)を2分45秒大外返「一本」、準々決勝は前述河田陸久斗をGS延長戦26秒大内刈「一本」と素晴らしい出来。準決勝は岡元美乃合を1分34秒体落「一本」で下して、初の全国大会決勝の畳に挑む。

eJudo Photo
決勝、東郷が片襟の背負投で先制攻撃。

eJudo Photo
厳しい組み手争いが続く

【決勝】
長澤篤希(静岡・静岡学園高)○GS片手絞(GS1:07)△東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)

ともに左組みの相四つ。長澤が引き手を前襟に伸ばし、これを起動スイッチに東郷が片襟の右背負投に飛び込む、という攻防から試合がスタート。長澤が腕を抱えて引き込み、腹上に背を載せる形で抱き剥がしたところで「待て」。

以後は厳しい組み手争い、これを縫って東郷が釣り手で奥を掴んで良い形を作ると、長澤が先んじて巴投。この技の直後の1分8秒、東郷に消極的試合姿勢による「指導」が与えっれる。開始線に戻った東郷は指が攣った模様、左手の指を曲げ伸ばして、かなりこれが気に掛かる様子。

ビハインドの東郷は組み際の左背負投でまず反抗。長澤これは片手絞に切り返し、次いで組み際の左袖釣込腰を放って展開を譲らない。ここで「待て」が掛かると東郷やはり左の手指を伸ばし、状況は深刻な模様。ここからは細かく優位不利が入れ替わる組み手争い、互いに相手が良い組み手を作り掛けると芽の段階で摘むことを繰り返し、2分4秒には双方に「指導」。これで累積警告が「2」となった東郷は形上後がなくなってしまう。

eJudo Photo
長澤が勝負を決める片手絞「一本」

スコアの優位を意識した長澤はここから加速。組み際に奥襟を叩いての大内刈、次いで釣り手をクロスに入れての大内刈から巻き込み様の体落、さらに組み際の右一本背負投と先手の技を積む。東郷が組み際の右小内刈を返し、長澤の片手絞が顎に引っかかったところで本戦3分間が終了。試合はGS延長戦に持ち込まれる。

長澤が両襟を掴むと東郷は横から巴投。しかし1人で回ることとなってしまい、長澤が背について「待て」。続く展開、長澤がまず引き手で前襟、次いで釣り手で奥襟を叩くと危機を感じた東郷は右背負投で展開を切る。しかし長澤素早い動作で背に着き、片手絞の作りを開始。いったん相手の背を引き上げて起こし、着実に襟を首に引っ掛けるとスピードアップ。一気にこの技を決め切り、東郷はたまらず「参った」。GS延長戦1分7秒、長澤の勝利が決まった。

eJudo Photo
優勝した長澤篤希

【入賞者】
(エントリー47名)
優 勝:長澤篤希(静岡・静岡学園高)
準優勝:東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)
第三位:長谷川環(東京・日体大荏原高)、岡元美乃合(大阪・東海大仰星高)
第五位:今野健太郎(秋田・秋田工高)、吉澤勇志郎(千葉・木更津総合高)、河田陸久斗(北海道・北海高)、松阪章孝(三重・名張高)

長澤篤希選手のコメント
「監督から『勝ち負け関係なく楽しんでいけ』と声を掛けて頂き、その通り楽しんで試合をしました。得意の寝技で全部取ってやろうというつもりで臨んだ大会。県大会で決めた技がなかなか全国の舞台では決まらず、決勝も相手がかなり強い選手でしたが、最後にしっかり取り切れたことは自信になります。コロナの時期は寝技の稽古が出来ないので、Youtubeで上手い選手の寝技を見て研究しました。全日本選手権の佐々木健志選手の映像を見て勉強したり、トップレベルだけではなく、自分が技術的に手の届きそうな高校生の試合を見て使えそうな技術を探しました。日本武道館での試合は初めて。緊張で硬くなりましたが、楽しんでやるという気持ちで、うまく乗っていくことが出来ました。まずはインターハイで2連覇、インカレでも勝って、オリンピックを目指したい。」

【準々決勝】
長谷川環○GS技有・横車(GS3:27)△今野健太郎
東郷丈児○GS背負投(GS1:29)△吉澤勇志郎
長澤篤希○大内刈(GS0:26)△河田陸久斗
岡元美乃合○優勢[技有・背負投]△松阪章孝

【準決勝】
東郷丈児○崩袈裟固(1:49)△長谷川環
長澤篤希○体落(1:34)△岡元美乃合

【決勝】
長澤篤希○GS片手絞(GS1:07)△東郷丈児

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る