PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】長澤篤希が全試合一本勝ちでV、決勝は得意の寝技で勝負決める/第43回全国高等学校柔道選手権男子81kg級レポート

(2021年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
長澤篤希が全試合一本勝ちでV、決勝は得意の寝技で勝負決める
第43回全国高等学校柔道選手権男子81kg級レポート
eJudo Photo
準々決勝、東郷丈児が吉澤勇志郎から背負投「一本」

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

【決勝まで】

優勝候補と目された2人が上位に勝ち上がれず。2年生世代の全国中学校大会の覇者・菊池駿星(愛知・大成高)は1回戦で岡元美乃合(大阪・東海大仰星高)を相手に力を出せず、終盤巴投を食って「技有」失陥、そのまま終戦となった。神奈川県から2年連続で代表権を得た天野開斗(神奈川・東海大相模高)は3回戦で河田陸久斗(北海道・北海高)に押し込まれ、僅差優勢で苦杯。

その中を決勝に進んだのは東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)と長澤篤希(静岡・静岡学園高)の、ともに中学時代から実績を残している2年生ふたり。

全国中学校大会3位の東郷は優勝候補の一角。初戦は南波魁(島根・開星高)に僅差の優勢勝ちだったが、以降は骨の太い戦いぶりで「一本」を連発。2回戦は河添楓斗(岐阜・中京高)を1分26秒を横四方固「一本」、3回戦は武嶋俊樹(山口・高水高)をGS延長戦52秒背負投「一本」、準々決勝は吉澤勇志郎(千葉・木更津総合高)をGS延長戦52秒これも背負投「一本」と快走。準決勝は1年生世代の全国中学校大会王者・長谷川環(東京・日体大荏原高)を畳に迎え、1分49秒崩袈裟固「一本」で勝利。充実の勝ち上がりで決勝戦へと駒を進めることとなった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る