PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】大会の主役は花岡晴琉、スケール大きい柔道で「一本」連発/第43回全国高等学校柔道選手権男子73kg級レポート

(2021年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
大会の主役は花岡晴琉、スケール大きい柔道で「一本」連発
第43回全国高等学校柔道選手権男子73kg級レポート
eJudo Photo
2回戦、花岡晴琉が小幡礼希から内股「一本」。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

【決勝まで】

序盤戦に大会最大級の衝撃。2回戦で花岡晴琉(宮崎・延岡学園高)が、優勝候補筆頭格と目された小幡礼希(奈良・天理高)を内股「一本」で打倒。それも開始僅か7秒という「秒殺」、斬撃と呼ぶべき切れ味鋭い一撃であった。近畿ブロック大会を全試合一本勝ち、ほぼすべてをこの内股で勝ち抜いている小幡は「一本」の宣告を聞いてガックリ。一方の花岡は、これが当たり前とばかりに淡々と開始線に戻り、大物感十分。

1回戦でも筒井直也(新潟・新潟第一高)を1分7秒の内股「一本」で屠っている花岡の勢いはこの後も止まらない。小幡打倒で一気に注目を浴びることとなった3回戦も鈴木孝太朗(岐阜・美濃加茂高)を1分14秒内股「一本」。準々決勝はV候補の一角に挙げられる竹市裕亮(福岡・大牟田高)に粘られたが、残り36秒竹市の隅返を空中で組み止めて制し、叩き落として浮落「技有」、このポイントで勝ち抜け決定。迎えた準決勝は同学年の全国中学校大会王者平野蒼空(神奈川・桐蔭学園高)と激戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る