PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】猪瀬真司が悲願の優勝、決勝はライバル福田大和から鮮やか「一本」/第43回全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート

(2021年3月30日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
猪瀬真司が悲願の優勝、決勝はライバル福田大和から鮮やか「一本」
第43回全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート
eJudo Photo
準々決勝、福田大和が顕徳海利から内股透「一本」

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

【決勝まで】

優勝候補と目された選手は4人。全日本カデ王者・全国中学校大会王者の福田大和(島根・平田高)と、同大会の上位対戦でいずれも福田に敗れた猪瀬真司(埼玉・埼玉栄高)の2年生2人、それに全国中学校大会55kg級王者の顕徳海利(兵庫・神港学園高)、服部辰成(神奈川・東海大相模高)の1年生2人だ。

決勝進出者は福田と猪瀬。両者ともに1年生のV候補を、直接対決でしっかり破っての勝ち上がり。

福田は2回戦から登場。まず都市弦介(広島・崇徳高)をGS延長戦1分13秒背負投「一本」で下し、3回戦は仲條樹(新潟・開志国際高)から肩車と上四方固の合技「一本」で試合時間わずか1分34秒の快勝。そして迎えた勝負どころ、顕徳海利との準々決勝をGS延長戦開始早々の鮮やかな内股透「一本」で乗り切ると、準決勝は今季の近畿ブロック王者・秋田伯(比叡山高)をGS延長戦開始早々の小外掛「一本」で沈めて決勝進出決定。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る