PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】勝負どころ見極めた戦術眼光る、白金宏都が初の日本一に/第43回全国高等学校柔道選手権男子60kg級レポート

(2021年3月29日)

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。
勝負どころ見極めた戦術眼光る、白金宏都が初の日本一に
第43回全国高等学校柔道選手権男子60kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、金井拓真が五十嵐健太から背負投「一本」。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

【決勝まで】

決勝に進んだのはいずれも2年生、金井拓真(群馬・桐生第一高)と白金宏都(長野・佐久長聖高)の2人。

金井は1回戦からのスタート。まず渋田凱(福岡・嘉穂高)をGS延長戦41秒の袖釣込腰「技有」で破り、2回戦は山岡弘昌(鳥取・倉吉北高)からGS延長戦2分28秒小外刈「技有」を奪って勝ち抜け。3回戦は加藤修三(宮崎・延岡学園高)をGS延長戦5分7秒という長時間試合の末に僅差の優勢で破り、準々決勝は古賀大士郎(佐賀・佐賀商高)を背負投「技有」による優勢で破ってベスト4入りを果たす。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る