PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]最重量級は地元ザアリシヴィリが優勝、100kg級の若手対決はエルナハスが制す/グランドスラム・トビリシ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年3月29日)

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]最重量級は地元ザアリシヴィリが優勝、100kg級の若手対決はエルナハスが制す
グランドスラム・トビリシ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝、ゲラ・ザアリシヴィリがラファエル・シウバから袖釣込腰「一本」

ジョージアで行われているグランドスラム・トビリシ大会は28日、現地のニュー・スポーツ・パレスで最終日を迎え、男子は3階級の競技が行われた。

100kg超級は地元ジョージアのゲラ・ザアリシヴィリが優勝。アリアクサンドル・ヴァハヴィアクを袖釣込腰「一本」、マチェイ・サルナツキ(ポーランド)を浮落「一本」、ケマル・エルドガン(トルコ)を小外掛と崩袈裟固の合技「一本」と準決勝までを危なげなく勝ち進み、決勝ではこの日久々好調のラファエル・シウバ(ブラジル)とマッチアップ。淡々と技を積んでチャンスを待ち、「指導2」まで奪って迎えたGS延長戦1分20秒、両袖の大外落から右袖釣込腰に繋いで「一本」奪取。全試合一本勝ちで地元大会を締めた。3位にはサバ・イナネイシヴィリ(ジョージア)とアンディー・グランダ(キューバ)が入賞した。

eJudo Photo
優勝を決めたシャディー・エルナハス

若手の活躍が目立った100kg級は前日に23歳になったばかりのカナダのエース、シャディー・エルナハス(カナダ)と、昨年の欧州ジュニア王者の19歳イリア・スラマニゼ(ジョージア)が決勝で激突。エルナハスが得意の小内刈で「技有」を奪って優勝を決めた。エルナハスは2019年7月のグランプリ・ザグレブ以来2度目のワールドツアー大会制覇。

3位にはムザファルベク・ツロボエフ(ウズベキスタン)とトマ・ニキフォロフ(ベルギー)が入賞。超長身選手のツロボエフはこの日も左右に思い切った技を決めまくり、準決勝ではエルナハスからも小外掛「技有」を先行するなどひときわ印象的な活躍。みごとタシケント大会に続くメダルを獲得した。タシケント大会優勝のニキフォロフは準々決勝でオニセ・サリブニゼ(ジョージア)と「技有」を取り合う大消耗戦を演じて疲弊、続く準決勝でスラマニゼに右袖釣込腰、左背負投と立て続けに投げられて合技「一本」で敗戦。それでも3位決定戦は小内刈を浮技に切り返しての「技有」でヨアキム・ドファービー(スウェーデン)に競り勝ち、今回も表彰台に立って完全復活を印象付けた。

eJudo Photo
90kg級決勝、マーカス・ニマンがニコラス・ムンガイから横四方固「一本」

荒れた展開の90kg級は第2シードの30歳マーカス・ニーマン(スウェーデン)が優勝。決勝は前戦で第1シードのダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)を破る番狂わせを演じたニコラス・ムンガイ(イタリア)を横四方固「一本」で破った。

3位にはボボノフとこのところ好調のガンツルガ・アルタンバガナ(モンゴル)が入賞。3位決定戦はボボノフがリ・コツマン(イスラエル)を完全に持ち上げての裏投「一本」、ガンツルガがシェルムハマド・ジャンドレエフ(ウズベキスタン)を美しい左内股「一本」と、それぞれ持ち味を発揮しての一本勝ちで締めた。

各階級の入賞者と成績上位者、決勝ラウンドの勝ち上がりは下記。

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級メダリスト。左から2位のニコラス・ムンガイ、優勝のマーカス・ニーマン、3位のダヴラト・ボボノフとシェルムハマド・ジャンドレエフ。

eJudo Photo
90kg級3位決定戦、ガンツルガ・アルタンバガナがシェルムハマド・ジャンドレエフから鮮やかな内股「一本」

(エントリー39名)
【入賞者】
1. NYMAN, Marcus (SWE)
2. UNGAI, Nicholas (ITA)
3. BOBONOV, Davlat (UZB)
3. GANTULGA, Altanbagana (MGL)
5. JANDREEV, Shermukhammad (UZB)
5. KOCHMAN, Li (ISR)
7. BOZBAYEV, Islam (KAZ)
7. BROWN, Colton (USA)

【成績上位者】
優 勝:マーカス・ニーマン(スウェーデン
準優勝:ニコラス・ムンガイ(イタリア)
第三位:ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)、ガンツルガ・アルタンバガナ(モンゴル)

【3位決定戦】
ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)〇裏投(3:28)△リ・コツマン(イスラエル)
ガンツルガ・アルタンバガナ(モンゴル)〇内股(2:39)△シェルムハマド・ジャンドレエフ(ウズベキスタン)

【決勝】
マーカス・ニーマン(スウェーデン)〇横四方固(2:04)△ニコラス・ムンガイ(イタリア)

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左から2位のイリア・スラマニゼ、優勝のシャディー・エルナハス、3位のムザファルベク・ツロボエフとトマ・ニキフォロフ。

eJudo Photo
100kg級3位決定戦、ムザファルベク・ツロボエフがニイアズ・ビラロフを攻める。

(エントリー37名)
【入賞者】
1. ELNAHAS, Shady (CAN)
2. SULAMANIDZE, Ilia (GEO)
3. NIKIFOROV, Toma (BEL)
3. TUROBOYEV, Muzaffarbek (UZB)
5. BILALOV, Niiaz (RUS)
5. DVARBY, Joakim (SWE)
7. MINASKIN, Grigori (EST)
7. SANEBLIDZE, Onise (GEO)

【成績上位者】
優 勝:シャディー・エルナハス(カナダ)
準優勝:イリア・スラマニゼ(ジョージア)
第三位:ムザファルベク・ツロボエフ(ウズベキスタン)、トマ・ニキフォロフ(ベルギー)

【3位決定戦】
ムザファルベク・ツロボエフ(ウズベキスタン)〇GS技有・釣腰(GS1:49)△ニイアズ・ビラロフ(ロシア)
トマ・ニキフォロフ(ベルギー)〇優勢[技有・浮技]△ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)

【決勝】
シャディー・エルナハス(カナダ)〇優勢[技有・小内刈]△イリア・スラマニゼ(ジョージア)

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左から2位のラファエル・シウバ、優勝のゲラ・ザアリシヴィリ、3位のサバ・イナネイシヴィリとアンディー・グランダ。

(エントリー21名)
【入賞者】
1. ZAALISHVILI, Gela (GEO)
2. SILVA, Rafael (BRA)
3. GRANDA, Andy (CUB)
3. INANEISHVILI, Saba (GEO)
5. ERDOGAN, Cemal (TUR)
5. SARNACKI, Maciej (POL)
7. HEGYI, Stephan (AUT)
7. YUSUPOV, Alisher (UZB)

【成績上位者】
優 勝:ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)
準優勝:ラファエル・シウバ(ブラジル)
第三位:サバ・イナネイシヴィリ(ジョージア)、アンディー・グランダ(キューバ)

【3位決定戦】
サバ・イナネイシヴィリ(ジョージア)〇隅落(1:12)△ケマル・エルドガン(トルコ)
アンディー・グランダ(キューバ)〇隅落(2:49)△マチェイ・サルナツキ(ポーランド)

【決勝】
ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)〇GS袖釣込腰(GS2:20)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る