PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】新井心彩が力強い柔道で優勝、埼玉栄が軽量2階級を制覇/第43回全国高等学校柔道選手権女子52kg級レポート

(2021年3月29日)

※ eJudoメルマガ版3月27日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】新井心彩が力強い柔道で優勝、埼玉栄が軽量2階級を制覇/第43回全国高等学校柔道選手権女子52kg級レポート
eJudo Photo
2回戦、塩原未々が後藤未結から小内刈「技有」

取材・文:eJudo編集部

【決勝まで】
優勝候補と目されていた塩原未々(長野県・松商学園高)と新井心彩(埼玉県・埼玉栄高)が順当に決勝進出を果たした。

塩原は2回戦からの登場。初戦で川上梨奈(滋賀県・比叡山高)を左一本背負投で頭から叩き落としてのブリッジ「一本」(2:08)で下すと、3回戦では後藤未結(北海道・札幌日大高)から右小内刈(低く刈り足を差し入れる通称「小内差し」)「技有」を得て優勢勝ち。準々決勝では濵岡あかり(千葉県・八千代高)と「指導2」を取り合ってGS延長戦までもつれ込むが、担ぎ技を中心に攻め続けて「指導3」の反則(GS1:42)で競り勝ちベスト4に駒を進める。準決勝では落合倖(広島県・沼田高)から開始直後に左「一本大外」で「技有」を奪い、以後は終始優勢に試合を進め、このポイントを守りきって優勢勝ち。危なげない試合運びで決勝の畳へと勝ち上がる。

一方の新井は1回戦から大苦戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る