PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】1年生同士の対決は池田湖音に軍配、一瞬のチャンス見逃さず/第43回全国高等学校柔道選手権女子48kg級レポート

(2021年3月28日)

※ eJudoメルマガ版3月27日掲載記事より転載・編集しています。
1年生同士の対決は池田湖音に軍配、一瞬のチャンス見逃さず
第43回全国高等学校柔道選手権女子48kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、近藤美月が西ノ内智優から横四方固「一本」

取材・文:eJudo編集部

【決勝まで】

ともに1年生の近藤美月(佐賀県・佐賀商高)と池田湖音(埼玉県・埼玉栄高)が決勝に勝ち上がった。

近藤は2回戦から登場すると、いきなり初戦で優勝候補の1人である2018年全国中学校柔道大会40kg級覇者の百⽥久奈(静岡県・藤枝順⼼高)と対戦。この最初の山場を得意の左内股「技有」の優勢で切り抜けると、3回戦でも⼭本⼸華(⻑崎県・⻑崎明誠高)を豪快な左内股「一本」(1:56)、準々決勝で原⽥菜々⼦(福岡県・⼤牟⽥高)をGS延長戦での左内股「技有」(GS5:57)と3戦連続で得意の内股を決めてベスト4へと勝ち上がる。続く準決勝の⻄ノ内智優(⼭梨県・富⼠学苑高)との試合では持ち味の投げ技こそ決まらなかったものの、相手が「腹包み」から抑え込みを狙って来たところを反対に被り返しての横四方固「一本」(GS4:44)で勝利。全試合で技によるポイントを得て決勝へと駒を進めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る