PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]出口クリスタまさかのV逸、地元エテリ・リパルテリアニに逆転許す/グランドスラム・トビリシ2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年3月27日)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]出口クリスタまさかのV逸、地元エテリ・リパルテリアニに逆転許す
グランドスラム・トビリシ2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
57kg級準決勝、エテリ・リパルテリアニが出口クリスタの背負投を振り返して谷落「一本」。

57kg級は2019年東京世界選手権の覇者・出口クリスタ(カナダ)がまさかのV逸。初戦でヨワナ・ロギッチ(スロベニア)を39秒小外刈と縦四方固の合技「一本」、続いてジェシカ・ペレイラ(ブラジル)を38秒送襟絞「一本」、さらにアナスタシア・コンキナ(ロシア)を肩固で2度抑えて54秒合技「一本」と圧倒的な出来だったが、準決勝の世界ジュニア王者エテリ・リパルテリアニ(ジョージア)戦で躓いた。奥襟を叩いて来た相手の体を弾き返し、開始早々大内刈「技有」獲得。さらにここから息もつかせぬ寝技の連続攻撃で2度「抑え込み」の宣告を引き出し、大内刈で尻餅をついた相手を押し込んであわや「技有」という技も見せ、「指導2」まで奪う一方的優位を作り上げるも、ここで落とし穴が待っていた。相四つの組み合いから作りなく、一発で飛び込んだ右背負投を振り返されてしまい、後方に仰け反り落ちてまさかの「一本」。ここで本戦トーナメントから脱落することとなった。あまりの優位、そしてあまりに調子が良いがゆえの油断があったという印象だった。

eJudo Photo
3位決定戦、出口がマリツァ・ペリシッチから小外刈「技有」。

出口はこれで集中が切れたか、3位決定戦のマリツァ・ペリシッチ(セルビア)戦もGS延長戦にもつれ込む意外な長時間試合。パワーある掛け潰れ系、という苦手なタイプということもあり「指導2」まで失う危うい展開であったが、最後は大外刈フェイントからの右小外刈を決めて「技有」奪取。なんとか3位は確保した。

優勝はノラ・ジャコヴァ(コソボ)。パワー派対決となった決勝はリパルテリアニを地力で圧倒、得意の膝車で「技有」を得てワールドツアー7度目の優勝を決めた。

eJudo Photo
52kg級決勝、オデット・ジュッフリダがチェルシー・ジャイルスを攻める。

52kg級はオデット・ジュッフリダ(イタリア)とチェルシー・ジャイルス(イギリス)の優勝候補2人が決勝で激突。ジャイルスのパワーと技を、ジュッフリダが担ぎ技の連続攻撃と鋭い足技という得意のモード2つで封殺。GS延長戦5分52秒という長時間試合を「指導3」で制して優勝を決めた。

敗れはしたものの、ジャイルスはグランドスラム・テルアビブ(優勝)に続き素晴らしい勝ち上がり。投技だけでなくこの日は寝技でも魅せ、準決勝のラリッサ・ピメンタ(ブラジル)戦で見せた腕挫腕固、膝固から崩上四方固に繋いだ連携などは出色。以後上位に定着することは確実と思わされた。ジュッフリダも持ち味発揮、準決勝ではテティアナ・レヴィツカ=シュクヴァニ(ジョージア)に完璧な腕挫十字固を極められたが、主審が慌てて「一本」を宣すると「参ったしていない」と猛アピール。「取り消し」を引き出し、最後は座り込みの大内刈「技有」で逆転勝利。勝負師ジュッフリダらしい執念を見せた一番だった。

3位にはヨアナ・ラモス(ポルトガル)とプップ ・レカ(ハンガリー)が入賞した。ラモスは39歳でのワールドツアーメダル獲得という偉業達成。

eJudo Photo
48kg級決勝、寝技で攻めるムンフバット・ウランツェツェグ。

48kg級は第1シードのムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)が順当に優勝。初戦で大外刈「一本」を決めると、以降は腕挫十字固「一本」、“ホイジンハ・ロール”からの腕挫脚固「一本」と得意の寝技で危なげなく勝ち上がり、決勝もダークホースのフランチェスカ・ミラニ(イタリア)を三角絞で絞めあげる。このまま崩上四方固に移行したところでミラニが「参った」。他を寄せ付けぬ全試合一本勝ちで、グランドスラム・タシケントに続く2大会連続の優勝を決めた。

3位にはフリア・フィゲロア(スペイン)とマルサ・スタンガル(スロベニア)が入賞した。

各階級の入賞者と成績上位者、決勝ラウンドの勝ち上がりは下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位のフランチェスカ・ミラニ、優勝のムンフバット・ウランツェツェグ、3位のフリア・フィゲロアとマルサ・スタンガル。

(エントリー28名)
【入賞者】
1.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
2.MILANI, Francesca (ITA)
3.FIGUEROA, Julia (ESP)
3.STANGAR, Marusa (SLO)
5.COSTA, Catarina (POR)
5.MARTINEZ ABELENDA, Laura (ESP)
7.PETIT, Lois (BEL)
7.UNGUREANU, Monica (ROU)

【成績上位者】
優 勝:ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
準優勝:フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
第三位:フリア・フィゲロア(スペイン)、マルサ・スタンガル(スロベニア)

【3位決定戦】
フリア・フィゲロア(スペイン)〇GS大内刈(GS2:43)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)

【3位決定戦】
マルサ・スタンガル(スロベニア)〇崩上四方固(2:23)△カタリナ・コスタ(ポルトガル)


【決勝】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)〇崩上四方固(3:59)△フランチェスカ・ミラニ(イタリア)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から2位のチェルシー・ジャイルス、優勝のオデット・ジュッフリダ、3位のヨアナ・ラモスとプップ ・レカ。

(エントリー37名)
【入賞者】
1.GIUFFRIDA, Odette (ITA)
2.GILES, Chelsie (GBR)
3.PUPP, Reka (HUN)
3.RAMOS, Joana (POR)
5.LEVYTSKA-SHUKVANI, Tetiana (GEO)
5.PIMENTA, Larissa (BRA)
7.DELGADO, Angelica (USA)
7.VAN KREVEL, Naomi (NED)

【成績上位者】
優 勝:オデット・ジュッフリダ(イタリア)
準優勝:チェルシー・ジャイルス(イギリス
第三位:ヨアナ・ラモス(ポルトガル)、プップ ・レカ(ハンガリー)

【3位決定戦】
ヨアナ・ラモス(ポルトガル)〇反則[指導3](GS1:01)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)

【3位決定戦】
プップ ・レカ(ハンガリー)〇合技[小内刈・内股](3:14)△テティアナ・レヴィツカ=シュクヴァニ(ジョージア)

【決勝】
オデット・ジュッフリダ(イタリア)〇GS反則[指導3](GS5:52)△チェルシー・ジャイルス(イギリス

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位のエテリ・リパルテリアニ、優勝のノラ・ジャコヴァ、3位のダリア・メジェツカイアと出口クリスタ。

eJudo Photo
57kg級決勝、ノラ・ジャコヴァが膝車「技有」

(エントリー34名)

【入賞者】
1.GJAKOVA, Nora (KOS)
2.LIPARTELIANI, Eteri (GEO)
3.DEGUCHI, Christa (CAN)
3.MEZHETSKAIA, Daria (RUS)
5.KAJZER, Kaja (SLO)
5.PERISIC, Marica (SRB)
7.KONKINA, Anastasiia (RUS)
7.NASCIMENTO, Ketelyn (BRA

【成績上位者】
優 勝:ノラ・ジャコヴァ(コソボ)
準優勝:エテリ・リパルテリアニ(ジョージア)
第三位:ダリア・メジェツカイア(ロシア)、クリスタ・デグチ(カナダ)

【3位決定戦】
ダリア・メジェツカイア(ロシア)〇小外掛(1:39)△カヤ・カイゼル(スロベニア)

【3位決定戦】
クリスタ・デグチ(カナダ)〇GS技有・小外刈(GS1:53)△マリツァ・ペリシッチ(セルビア)

【決勝】
ノラ・ジャコヴァ(コソボ)〇優勢[技有・膝車]△エテリ・リパルテリアニ(ジョージア)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る