PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]サルドル・ヌリラエフが出色の出来で66kg級制覇、60kg級は地元ノザゼがツアー初V飾る/グランドスラム・トビリシ2021第1日男子(60kg級、66kg級)

(2021年3月27日)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]サルドル・ヌリラエフが出色の出来で66kg級制覇、60kg級は地元ノザゼがツアー初V飾る
グランドスラム・トビリシ2021第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
66kg級決勝、サルドル・ヌリラエフがヴァジャ・マルグヴェラシヴィリから内股「一本」

グランドスラム・トビリシ大会が26日、現地のニュー・スポーツ・パレスで開幕。初日の男子は2階級の競技が行われた。

66kg級はグランドスラム・タシケントで3位に入賞したばかりのサルドル・ヌリラエフ(ウズベキスタン)が素晴らしい出来で優勝。序盤戦から内股、巴投、体落に腕挫十字固と決め捲り、決勝ではこれもここまで全試合一本勝ちと絶好調だった第1シード選手ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)を開始20秒鮮やかな内股「一本」で破った。場内でケンケンの大内刈をスタート、場外まで追って一瞬で内股に切り替えて縦に投げ切る豪快な一撃。地元優勝を願った観客席が静まり返る妙技だった。ヌリラエフは2019年3月のグランプリ・マラケシュに続く2度目のワールドツアーV、グランドスラム大会初の優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る