PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】最注目は57kg級、世界王者出口クリスタの戦いぶり/グランドスラム・トビリシ2021男女全階級オーバービュー

(2021年3月26日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】最注目は57kg級、世界王者出口クリスタの戦いぶり
グランドスラム・トビリシ2021男女全階級オーバービュー
eJudo Photo
2019年東京世界選手権57kg級の金メダリスト出口クリスタ(カナダ)。これが1年1ヶ月ぶりの実戦である。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

グランドスラム・トビリシ大会がきょう26日、現地のニュー・スポーツ・パレスで開幕する。時差は5時間、決勝ラウンドの開始は日本時間の22時である。

IJFはこの7週間で4つのグランドスラム大会を計画しており、今大会はその3つめ。今月初旬のタシケント大会からまだ2週間、さらに来週にはアンタルヤ大会が控えているという強行スケジュールのさなかの開催である。さすがにこうなると、1つの大会に極端に選手が集中することは減る。フランスが直前でチーム全員の出場を取りやめた(※チーム内に新型コロナウイルスの陽性者が出たとのこと)こともあり、今大会も陣容は薄め。1階級4人の出場枠を持つ地元ジョージアも1軍を全員送り出すわけではなく、階級によってトーナメントもレベルにかなり差がある印象だ。国で言うとカナダがかなり厚く選手を送っており、全体の傾向としてはジョージアで一線級が出場する階級、あるいはカナダにメダルクラスの強豪がいる階級のレベルが上がるという格好になっている。

大会全体を通しての最注目選手は57kg級の出口クリスタ(カナダ)。ワールドツアー再開後これが初めての国際大会、2020年2月のグランドスラム・パリ(優勝)以来の実戦である。ジェシカ・クリムカイトとの五輪代表争い云々を超えて、いま果たしてどのくらいの仕上りを見せてくれるのか、出口の柔道それ自体を楽しみたい大会。既に再開後の「顔見世」を済ませている芳田司やサハ=レオニー・シジク(フランス)と伍するだけの、いやそれ以上の、「やっぱり出口強い!」とファンを唸らせてくれるようなハイパフォーマンスを期待したい。

男子では、81kg級でもっか無敵を誇る地元ジョージアのエース、タト・グリガラシヴィリが最注目選手。この階級には珍しくトーナメントの陣容も薄め、この選手の「強さ」を堪能できる大会になるはずだ。

各階級の展望は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る