PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】藤本偉央が優勝、大型狩り続けた長濱佑飛は決勝で力尽きる/第43回全国高等学校柔道選手権・男子無差別レポート

(2021年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
藤本偉央が優勝、大型狩り続けた長濱佑飛は決勝で力尽きる/第43回全国高等学校柔道選手権・男子無差別レポート
eJudo Photo
2年ぶりとなった全国高校選手権。「密」を警戒して無観客での開催となった。

eJudo Photo
1回戦、田中愛斗が中山康から背負投「技有」。

開催日時:2021(令和3)年3月20日(土・祝)
会場:日本武道館

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

【決勝まで】

2年ぶりに開催された全国高等学校柔道選手権、男子無差別で優勝候補に挙げられていたのは中山康(大成高)、甲木碧(木更津総合高)、長濱佑飛(埼玉栄高)、藤本偉央(崇徳高)ら過去全国のステージで実績を残して来た2年生世代の選手。

その中から、中山が1回戦で脱落。田中愛斗(熊本・九州学院高)を相手にしたこの試合は出だしから動きが悪く、明らかに不調。組み手と技が噛み合っておらず、立て直さんと得意の足技を仕掛けても自らバランスを崩す場面が続く。なにより、あの良い意味で過剰なほどの、元気の良さがまったく見られない。刃を交えるごとに田中は手ごたえを感じ、徐々に攻めが強気になっていく。最後は精神的に優位に立った田中が的確なタイミングで左背負投を入れ、GS延長戦55秒「技有」で決着。大成勢は81kg級の有力候補菊池駿星、73kg級の松原咲人と出場した3人がいずれも初戦敗退。その不調を象徴するような一番だった。

eJudo Photo
1回戦、長濱佑飛が笠原勇馬を担ぎ技で攻め続ける。

eJudo Photo
2回戦、長濱は甲木碧を相手に担ぎ技を連打。一見無理のある体勢からでも大きく体を振って、投げに出続けた。

eJudo Photo
甲木の反抗は後の先のリアクションに留まる。この隅落は一時「技有」宣告も映像確認の結果取り消し、最後まで主導権を握ることは出来なかった。

有力選手が集中した右下の山、最下段ブロックに注目して稿を進めたい。1回戦ではまず長濱と笠原勇馬(作陽高)が対戦。この試合は長身大型の笠原に対し、ケンカ四つで対峙する90kg級の長濱が背負投の放列で優位を取り、最後はGS延長戦2分23秒、「指導」を得ての僅差優勢で勝ち抜け決定。対大型に向いた技術をきちんと備え、怖じずに大技を打ち続けた長濱の試合構成力の高さと度胸の良さが垣間見えた一番だった。

長濱は続いて優勝候補筆頭格の甲木と対戦。この2回戦が序盤戦最大の注目カードである。この試合は甲木が左、長濱は右組みのケンカ四つ。甲木は釣り手で背中を抱いて寄せ、一方の長濱はこれを嫌い過ぎず、前襟を持って近い間合いのままこれに対峙する。体格に劣る長濱は上半身が折れており、一見すると窮屈で不安定な姿勢。しかし展開を掴むのは長濱の側、この体勢から先んじて思い切った担ぎ技を仕掛け、技数で先行して主導権を握る。長濱の採った策は、この近い間合いの一見不安定な姿勢で内股透を狙いながら、もし相手が内股に来ずば先んじて担ぎ技を仕掛けるというシンプルな二段構え。しかし甲木はこれに抗する能動的な手段を持たず、自ら技を仕掛ける機会は僅少。有効打は長濱の背負投に対する後の先の技に留まる。本戦終了間際にはこの後の先の技で一時「技有」の宣告を引き出すが(映像確認の結果取り消し)、リアクションの技だけではどうしても主導権を取るには至らない。長濱は低空飛行の両足ジャンプで背負投を連打、小さいスペースの中で大きく体を回すこの技法を駆使して、窮屈な姿勢からでもスピードに乗った技を仕掛け続ける。なかなか仕掛けられない甲木、先んじて担ぎ技に飛び込む長濱というこの構図は終始一貫ほぼ変わることなく、GS延長戦1分28秒甲木に「指導」が宣告されて試合が終わった。

長濱の度胸の良さと技術的な裏付けの確かさ、そして背負投に入り込むスピードの速さは出色。100キロ近い選手がこのスピードで担ぎ技に飛び込んでくるのであれば、高校生がこれをしっかり捌くことは難しいのではないのではとまで思わされた。勝利は順当な結果である。

一方の甲木は手立て不足、得意の抱き勝負でいかに勝つかという方法論を突き詰められていなかった印象。組み手であれば釣り手を閂に入れるなり潰すなりの具体的な手段があれば内股待ちの不安定な姿勢を固着された長濱は一気に手が詰まったであろうし、横車なり浮技なり抱き勝負の特性を生かした横捨身技があれば試合の様相はまったく違ったはず。それが、形だけ背中を持ったまま相手の釣り手を制し切れず、本来の目的であるはずの「相手の体を固める」ことが出来ぬまま担ぎ技の連打を許し、しかも自身の攻撃の手立ては前後のコンビネーションのみに留まった。コロナ禍による実戦不足ゆえか、もっとも好きなはずのフィールドであるにも関わらず具体的な手段を詰め切れていなかった印象。数年前まで、まさに「大型の抱き勝負に対し、内股透と担ぎ技で抗する」小兵の好選手をずらり揃えていたこのチームの主力としては少々意外な試合ぶり。思考の投下量で長濱の後塵を拝した格好だった。

eJudo Photo
準決勝、長濱が桑原悠吾から一本背負投「一本」

eJudo Photo
準決勝、藤本偉央が入耒巨助から内股「一本」。重量級の両者がともに一瞬浮き上がる、迫力のある技だった。

優勝候補との2戦をしぶとく勝ち抜いた長濱は、解放されたかのようにここから快走。3回戦は庄司陸吾(羽黒高)を1分8秒背負投「一本」、注目選手・齋五澤凌生(白鴎大足利高)との準々決勝は相性の良さもありまず背負投で「技有」、さらに再度の背負投「一本」と圧倒して僅か1分9秒で突破。迎えた準決勝も桑原悠吾(福岡・福岡大大濠高)をまったく相手にせず、開始22秒の一本背負投「一本」で勝利決定。ついに決勝の舞台へとたどり着いた。

もう1人の決勝進出者は藤本。福岡・大蔵中で甲木とダブルエースを張った、こちらも世代有数の大駒である。この日は右下ブロックへの有力選手集中を受けて比較的戦い易い組み合わせとなった左上ブロックから、極めて順調な勝ち上がりを見せた。動きに硬さの見られた序盤戦は2回戦で平本大空(北陸高)に2分9秒「指導3」、3回戦も中澤完太(東海大札幌高)にGS延長戦1分41秒「指導3」とエンジン掛かり切らぬ印象だったが、準々決勝ではここまで3試合連続一本勝ちの岩本賢武(高川学園高)を、釣り手で肩を押すように制動しての右大外刈「一本」。準決勝はこれもここまで一本勝ち連発の大型選手・入耒巨助(岐阜・中京高)を1分23秒内股「一本」に沈めた。相性が噛み合った試合ではあったが、体重135キロの藤本と同150キロの入耒が一瞬ともに宙に浮きあがったこの技の迫力はかなりのもの。尻上がりに調子を上げて、いよいよキャリア初の全国大会個人戦決勝の畳を踏む。

eJudo Photo
1回戦、齋五澤凌生が伊藤大峰から内股「一本」

決勝進出の両名のほか、目立っていた選手としては前述の齋五澤凌生を挙げたい。まだ1年生でフィジカルが出来上がっていないが、初戦は伊藤大峰(田村高)の力と厳しい組み手にほぼ完全に封じられながら、GS延長戦ついに組み手整うなり一発で勝負を決める内股「一本」、2回戦も鮮やかな内股「技有」をマークして、ベスト8まで勝ち上がった。準々決勝ではフィジカルと組み手の練度の差で巧者・長濱に翻弄されてしまったが「切れ味のある跳ね技系の本格派」が少なかった今大会にあって、そのセンスの良さはひときわ光を放っていた。

eJudo Photo
1回戦、白帯の巨漢ルターエンフボルドが小島アントニーから内股「技有」。試合は小島が合技「一本」で逆転勝ちを収めた。

白帯の留学生・ルターエンフボルド(新潟・開志国際高)の試合も面白かった。ケンカ四つの小島アントニー(群馬・常磐高)から右内股でまず「技有」先行。ビハインドの小島はしかしまだぎこちない相手の重心移動をよく見極め、的確に左体落を決めて「技有」奪回。最後は乾坤一擲の勝負を掛けたエンフボルドの小外掛を小島が待ち構え、浮落で捩じり返して勝ち越しの「一本」。好試合だった。今大会、序盤戦は体格で押す大型選手を内股透系の小兵が凌いだ末に、最後に投げるという歯ぎしりして見守るような競り合いが多かったのだが、その中にあって大味ながらも、「投げる」「投げ合う」というプリミティブな格技の魅力を見せてくれた、新鮮な一番だった。

eJudo Photo
互いに釣り手の袖を落とし合う、慎重な組み手争いから試合がスタート。

【決勝】
藤本偉央○GS技有・隅落(GS0:29)△長濱佑飛

決勝は体重135キロの藤本が左、同95キロの長濱が右組みのケンカ四つ。互いに釣り手で袖を絞り合う、相手の良さを消す手堅い形から試合がスタート。長濱いったん切って離れると釣り手を前襟に変え、引き手で袖を握り込んで右大内刈に右小外刈と連発。この小外刈の際に藤本が体を開いて引き手を切ると、29秒主審が試合を止めて藤本に片手の咎による「指導」を宣告。

eJudo Photo
長濱はこの試合も次々担ぎ技に潜り込み、主導権を得る。

再び釣り手で袖を絞り合っての引き手争い。長濱は引き手で袖を握り込むと両袖の右袖釣込腰を浅く、深くと2連発。藤本はこれ以上後手を踏んではならじとまずは鋭く出足払。続いて体を揺すって相手を引き寄せると、釣り手の肘を上からねじ込んで間合いを固定、思い切った右内股を放つ。しかし掛ける動作の直前に釣り手が緩んでおり、長濱が釣り手を利かせてしっかり透かしこの内股は空振り。遠い間合いで藤本1人が畳に落ちて「待て」。

ここから再びの引き手争い。長濱は釣り手と引き手を絞り込む両袖の形。藤本嫌っていったん切り離し、釣り手の肘を上から内側にグイと落としてまず体勢の安定を図る。良策であったがこれによって引き手争いが逆に膠着、1分35秒双方に片手の咎で「指導」が与えられることとなる。藤本が失った反則ポイントはこれで「2」、形上後がなくなってしまう。

eJudo Photo
藤本の反抗直後、長濱が天井を向くところまで担ぎ技を押し込む。あくまで主導権を渡さない。

eJudo Photo
藤本は手立てを変えて「抱き勝負」、大きな体を捨てての浮技も繰り出す。

奮起した藤本はここで組み手を変え、釣り手で背中を横から抱いて前進。引き手を掴むと作用足を股中にドシリと置いてまず距離を詰め、次いで左内股を一撃。しかし長濱は譲らず、藤本の技の終わりに合わせて腹を出して抱き返し、移腰を狙う格好で前に突進。そのまま両者が場外に出て1分50秒「待て」。直後、長濱はすぐさま思い切った右袖釣込腰。伏せた藤本をめくり返さんと天井を向くところまで体を捌く。藤本が内股一発で醸し出した反抗気運を、試合巧者の長濱があっという間に摘んだ形。長濱は以後も攻め手を緩めず、鋭い出足払を入れると今度はひときわ深く両袖の右袖釣込腰。藤本深い懐で受け切ったが、主審は試合を止めて合議を招集。もし藤本に「指導」が与えられればここで試合は終了である。しかし審判団は続行を判断。2分17秒、試合は再開となる。

藤本は相手に回転を許してはならじとまず両襟を掴む好判断を見せるが、勝機の訪れを感じた長濱は構わず両袖の右袖釣込腰一撃。攻め返さんと襲った藤本の左大外刈も右袖釣込腰に変換し、あくまで攻勢を緩めない。しかし藤本もここで一手でも遅れれば致命傷とばかりに巧みに「抱き勝負」に持ち込むと大きな体を捨てて浮技一撃、勝負を譲る気配はない。

残り時間は僅か。長濱が深く右背負投に入り込み、藤本がまたも懐で受け切るという攻防があって、ここで本戦3分が終了。長濱が流れを握ったまま、試合はGS延長戦へと持ち込まれる。

eJudo Photo
延長戦、藤本の大外刈を受けた長濱は釣り手を外側から抱き抱える形。

eJudo Photo
このまま背負投に飛び込んだが回り切れず、藤本が引き落として隅落「技有」。

延長が始まるなり、長濱激しく前へ。釣り手で前襟を持つと、応じた藤本は釣り手の肘を内側に落とし、長濱はこれを外側から閂に抱える格好となる。この形のまま引き手で、袖の外側の奪い合い。互いに手先を回し合うがこれは長濱の方に分がある印象、外側から袖を得る。すると危機を感じた藤本が左大外刈。これは足が掛かり切らず、長濱が体を外側に捌くと刈り足が畳に落ちて技はいったん収束。藤本はそのまま釣り手側に横移動、長濱はこれを呼び込む形で思い切り体を振り、右背負投に飛び込む。

窮屈な姿勢からでも体を大きく振って掛け切ってしまう、今日の長濱の勝利の因となってきたこの技だが、さすがに釣り手の状況に無理があった。閂に固めていた自身の釣り手が相手の腕に引っ掛かってロックされてしまい、この腕に引っ張られて回転が中途で止まってしまう。藤本はグイと腰を落として長濱の体を引き戻し、隅落の体勢。技の失敗を悟った長濱は判断早く釣り手を放し、手を前に流して伏せようとするが、藤本の肘が右腋にガッチリ入っており、楔を打たれた形で動作が止められてしまう。藤本は膝を相手の膕に落としてこの体勢を固定、そのままがっちり全体重を掛けて「めくり」を試みる。伏せようとする長濱と引き戻そうとする藤本の力が拮抗、一瞬の静止があり、そして均衡崩れて長濱が頭を支点に背から畳に落下。主審は迷わず「技有」を宣す。

eJudo Photo
一撃で状況をひっくり返し、藤本が初の全国制覇を達成。

藤本が「よっしゃ」と畳をひとつ叩いて立ち上がり、敗北を悟った長濱は畳に突っ伏したまま落胆。試合時間はGS延長戦29秒、藤本が見事キャリア初の個人戦全国制覇を決めた。

試合の流れは明らかに長濱。このまま試合が進めば少なくとも「指導3」による勝利は濃厚であったし、たとえば本戦2分17秒の合議の際にいま1つの「指導」が宣せられて試合が終わってもさほど違和感のない展開であった。自身の釣り手の評価を誤ったたった一度の状況判断のミスが、これまでの積み上げすべてをひっくり返してしまったという酷な結末。大会全体の流れも、初戦から笠原、甲木、齋五澤と優勝候補を撃破して来た長濱の側にあったと見受けられただけに、まさに痛恨のミスであった。

とはいえ、長濱のこの「勝ち急ぎ」を呼んだのは、藤本のしぶとい戦いぶり。準決勝までは崇徳の選手らしく手堅く、破綻のない組み手とリスクの少ない攻めで勝ちを重ねてきたが、決勝の「指導2」失陥以後は明らかに戦い方が変わった。これまで封印していた「抱き勝負」(まず相手の袖を殺してから抱きにいくというプロセスをしっかり踏む技術的な裏付けがあった)に、リスクを厭わぬ浮技と、遮二無二、自身の最大の武器である質量をぶつけにいく手立てを採った。相手が1つ技を繰り出せば、体を寄せての内股に釣り手の肘を突っ込んでの大外刈と、必ず大技を打ち返す。このままこの大型選手と掛けて掛けられての消耗戦を繰り広げた場合勝負はどうなるかわからないと、長濱が勝ちを急いだのも無理からぬところ。藤本が、一見地味な形ではあるが「リミッター」を外したこと、ひとつ殻を破ったことが勝利に繋がったと見立てておきたい。

久々の全国大会、この無差別は絶対的なスターがおらず、例年に比べると小粒の印象。前述の通り序盤戦から小型の巧者が大型を凌ぐ構図が目立ち、例年のような、名のあるエース格の重量級同士が激しく鎬を削り、その中からさらに異次元級の大物が「一本」で抜け出すというタイプのカタルシスを得られる大会ではなかった。しかし、個々の試合それぞれは魅力的、小型選手にも潜在能力の高さを感じさせるもの多数。全国大会という大舞台の経験をテコに彼らがどのような成長を見せてくれるのか、夏のインターハイを楽しみに待ちたい。

eJudo Photo
優勝の藤本偉央

【入賞者】
優 勝:藤本偉央(広島・崇徳高)
準優勝:長濱佑飛(埼玉・埼玉栄高)
第三位:入耒巨助(岐阜・中京高)、桑原悠吾(福岡・福岡大大濠高)
第五位:岩本賢武(山口・高川学園高)、田中愛斗(熊本・九州学院高)、小島アントニー(群馬・常磐高)、齋五澤凌生(栃木・白鴎大足利高)

藤本偉央選手のコメント
「相手の背負投を入らせず、自分の技を掛けようと思って臨みましたが、先に掛けられていた。『指導』で負けてしまうのではないかと思って焦りましたが、最後まで粘って押し込んだ。あの場面では背負投に入られてしまいましたが、自分が引き手と釣り手で良いところを持っているところに来たので、反対側に返すことが出来た。狙っていたというよりも、たまたま返せたという感じです。(-決勝、それまでやっていなかった「抱き勝負」や捨身技を繰り出しましたね?)相手が思っていた以上に組み手が上手かったので、自分が出来ることを全部出さなければと思いました。(-崇徳高に入ってから、どんなところを上積みしましたか?)組み手や崩し技をしっかり教えてもらいました。崩し技は、内股に入る前の足の入れ方だとか、体を使って相手を揺さぶるやり方など。(-全体を振り返って)初戦は硬くなって技が出なかったが、徐々に自分の柔道が出来るようになって来た。中学では個人戦で全国大会に出られていなかったので、嬉しい。次はインターハイで優勝を目指します。」

【準々決勝】
藤本偉央○大外刈(2:56)△岩本賢武
入耒巨助○GS僅差(GS1:11)△田中愛斗
桑原悠吾○GS僅差(GS1:05)△小島アントニー
長濱佑飛○背負投(1:09)△齋五澤凌生

【準決勝】
藤本偉央○内股(1:23)△入耒巨助
長濱佑飛○一本背負投(0:22)△桑原悠吾

【決勝】
藤本偉央○GS技有・隅落(GS0:29)△長濱佑飛

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る