PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]花岡晴琉が驚きの強さで73kg級制覇、無差別は藤本偉央が優勝/第43回全国高等学校柔道選手権大会男子個人試合

(2021年3月20日)

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]花岡晴琉が驚きの強さで73kg級制覇、無差別は藤本偉央が優勝/第43回全国高等学校柔道選手権大会男子個人試合
eJudo Photo
73kg級2回戦、花岡晴琉が小幡礼希から内股「一本」。開始7秒の早業だった。

高校柔道日本一を争う全国高等学校柔道選手権は20日、日本武道館で最終日の男子個人試合5階級の競技が行われた。

激戦区の73kg級は花岡晴琉(宮崎・延岡学園)が他を圧する強さで優勝。1回戦から3戦連続であっという間の内股「一本」、2回戦ではV候補と目された近畿ブロック王者の小幡礼希(奈良・天理)を僅か7秒で斬り落として関係者の度肝を抜くと、準々決勝では竹市裕亮(福岡・大牟田)を「技有」優勢で退け、準決勝では粘りが売りの2018年全国中学校大会王者・平野蒼空(神奈川・桐蔭学園)をGS延長戦44秒これも内股「一本」に仕留めてファイナル進出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る