PAGE TOP ↑
eJudo

田中源大が初優勝、日本製鉄勢が上位独占/令和三年全日本柔道選手権近畿地区予選

(2021年3月18日)

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。
田中源大が初優勝、日本製鉄勢が上位独占/令和三年全日本柔道選手権近畿地区予選
eJudo Photo
初優勝の田中源大
※写真は2020年12月、全日本柔道選手権大会本戦時

令和三年全日本柔道選手権大会の近畿地区予選を兼ねる第31回近畿柔道選手権大会が2月28日、長浜伊香ツインアリーナ(滋賀県)で各府県代表の計42名が集って行われ、田中源大(兵庫・日本製鉄)が優勝を飾った。12月の令和二年大会本戦でベスト8入りを果たした田中は、これが近畿選手権初優勝。本戦には4度目の出場となる。

大会は日本製鉄勢が席捲。5名を本戦に送り込んだ昨年度大会に続き、今年は6名の出場枠すべてを占めた。昨年度大会2位で本戦に進んだ中野寛太(天理大2年)は欠場し、不戦敗だった。

成績上位者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る