PAGE TOP ↑
eJudo

菅原歩巴が3連覇、7度目の本戦出場決める/第36回皇后盃全日本女子柔道選手権東北地区予選

(2021年3月17日)

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
菅原歩巴が3連覇、7度目の本戦出場決める/第36回皇后盃全日本女子柔道選手権東北地区予選
eJudo Photo
3連覇の菅原歩巴
※写真は2020年12月、皇后盃本戦時

第36回皇后盃全日本女子柔道選手権大会の東北地区予選会が7日、NCVふくしまアリーナ(福島市)で行われ、菅原歩巴(岩手・久慈東高教)が優勝を飾った。全試合を1分掛からず一本勝ちという圧勝だった。菅原は3年連続5度目の優勝、皇后盃本戦への進出は7度目。2位には土佐真紀子(宮城・仙台大4年)が入賞し、初の本戦進出を決めている。

成績上位者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る