PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】第43回全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望

(2021年3月17日)

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
第43回全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望
eJudo Photo
日本武道館に高校生が帰って来た。写真は一昨年度大会の開始式。

第43回全国高等学校柔道選手権がいよいよ19日(金)に開幕。コロナ禍による1年休止を経て、ついに高校生の全国大会が再開されることとなる。個人戦のみの開催とはいえこの一歩はまことに大きい。困難な社会状況の中、強い意志で実現に向かって動いた全国高体連柔道専門部、そして主管を担う東京都高体連柔道専門部の労に敬意を表したい。

さて、今年も「ひとこと展望」で有力選手を紹介させて頂くのだが、ご存じの通り高校カテゴリの大規模大会は丸一年以上開催されておらず、情報が極端に乏しい。この1年間で急激に伸びた選手をフォローすることは難しく、今回は2019年冬季招待試合までの戦いぶり、そして全国中学校大会の結果から延長線を引くという形で有力選手を紹介したい。観戦の指標となれば幸いである。

女子はオフシーズンの招待試合が少なく、大規模大会の開催は2019年夏(2代前)まで遡る。この時高校カテゴリで活躍していた現2年生は当然ながら極端に限られ、当時カデカテゴリで結果を残した選手の出場も57kg級の江口凛(桐蔭学園高)と63kg級の矢澤愛理(松商学園高)ら非常にわずか。もともと女子は全国中学校大会からの結果の反映率が高くなく、階級によっては現時点での戦力分析が、たとえ仮説のレベルであっても立てにくい状況にある。今大会の「ひとこと展望」は男子のみとさせて頂く。何卒ご了承願いたい。

■無差別 勝負力の中山康、膂力の甲木碧、切れ味の齋五澤凌生

1年生時から活躍した選手が多く、コロナ禍による休止を経た今大会にあっても比較的有選手の顔が見えやすい階級。優勝候補と考えられる選手を何人か挙げてみたい。

「勝負力」という観点からは大成高のエース、2018年全国中学校大会90kg級の覇者・中山康を推す。体幹が強く足技も切れるオールラウンダーで、ここぞの勝負どころを譲らない勘の良さと気の強さ、そして場面に応じた引き出しの豊かさがある。世代全体が1年間試合不足で、技を磨くことは出来ても相手のタイプや状況に応じた「試合力」を伸ばすことが難しかったというこの状況にあっては、勝負の綾をもぎ取ることに長けた中山のような勝負師タイプに相対的なアドバンテージが生まれる可能性は十分。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る