PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]阿部詩と玉置桃が優勝、角田夏実は決勝で苦杯/グランドスラム・タシケント2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年3月6日)

※ eJudoメルマガ版3月5日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]阿部詩と玉置桃が優勝、角田夏実は決勝で苦杯
グランドスラム・タシケント2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
52kg級2回戦、阿部詩がビシュレルト・ホルロードイを背負投で攻める。

グランドスラム・タシケント大会が5日、現地のヒューモ・アリーナで開幕。初日の女子は軽量3階級の競技が行われ、日本勢は52kg級の阿部詩(日本体育大2年)と57kg級の玉置桃(三井住友海上)が優勝、48kg級の角田夏実(了徳寺大職)が2位に入賞した。

東京五輪代表の阿部はこれが約1年ぶりの試合。初戦から組み手に慎重になり過ぎて動きが硬く、初戦(2回戦)は無名のビシュレルト・ホルロードイ(モンゴル)の徹底警戒の前になかなか投げを決め切れない。この試合は3分57秒を掛けて「指導3」の反則による勝利。以後も本来の出来ではなかったが徐々に落ち着きを取り戻し、準々決勝のパク・ダソル(韓国)戦は3分19秒に小外刈で、準決勝のラリッサ・ピメンタ(ブラジル)戦は2分32秒腕緘で、それぞれしっかり「一本」を得て決勝進出。決勝は対戦相手のラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)が膝を傷めて畳に現れず、不戦勝ちで優勝が決まった。まとめとなるはずだった最終戦を戦えず、内容的にも不完全燃焼の感はあったが、復帰戦をしっかり勝利で飾って五輪に向けてひとつ態勢を整えた形。

eJudo Photo
57kg級決勝、玉置桃がレン・チェンリンを攻める

玉置はブランクを感じさせない、常の通りの平常運航。しぶとい組み手と早い技出しで相手を寄せ付けず、勝負どころと目された準決勝のテレザ・シュトル(ドイツ)戦もGS延長戦の大外刈「技有」でしっかり勝利。決勝はここまで素晴らしい出来を見せていたレン・チェンリン(台湾)を払腰で崩すとすかさず寝技に移行。「ボーアンドアローチョーク」から流れた形での片手絞「一本」で見事勝利を決めた。

eJudo Photo
48kg級決勝、ムンフバット・ウランツェツェグが角田夏実から谷落「一本」

角田は準決勝までは抜群の出来。得意の巴投「一本」に、腕挫十字固で2度の「一本」と他をまったく寄せ付けない戦いぶりで優勝確実と思われたが、迎えた決勝はムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)に苦杯。サンボ式に腕を固める谷落を食らって1分52秒まさかの一本負け、惜しくも2位に終わった。ムンフバットの勝ち上がりは決して圧倒的ではなかったが、サイード・モラエイばりのレスリング式肩車に、この谷落と新技を次々披露。貪欲な進化を見せつけた大会だった。

各階級の入賞者と成績上位者、準々決勝以降の結果と日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位の角田夏実、優勝のムンフバット・ウランツェツェグ、3位のミリツァ・ニコリッチとアンドレア・ストヤディノフ。

(エントリー27名)

【入賞者】
1.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
2.TSUNODA, Natsumi (JPN)
3.NIKOLIC, Milica (SRB)
3.STOJADINOV, Andrea (SRB)
5.MARTINEZ ABELENDA, Laura (ESP)
5.GIORDA, Francesca (ITA)
7.MILANI, Francesca (ITA)
7.SIDEROT, Maria (POR)

【成績上位者】
優 勝:ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
準優勝:角田夏実
第三位:ミリツァ・ニコリッチ(セルビア)、アンドレア・ストヤディノフ(セルビア)

【準々決勝】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○GS技有・肩車(GS0:27)△フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
アンドレア・ストヤディノフ(セルビア)○反則[指導3](2:14)△ミリツァ・ニコリッチ(セルビア)
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○優勢[技有・隅落](2:17)△マリア・シデロット(ポルトガル)
角田夏実○横四方固(1:45)△フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)

【敗者復活戦】
ミリツァ・ニコリッチ(セルビア)○優勢[技有・巴投](2:53)△フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)○反則[指導3](2:59)△マリア・シデロット(ポルトガル)

【準決勝】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○腕挫三角固(1:36)△アンドレア・ストヤディノフ(セルビア)
角田夏実○腕挫十字固(2:12)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)

【3位決定戦】
ミリツァ・ニコリッチ(セルビア)○GS合技[袖釣込腰・崩袈裟固](GS1:15)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)
アンドレア・ストヤディノフ(セルビア)○合技[小外掛・背負投](1:28)△フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)

【決勝】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○谷落(1:52)△角田夏実

【日本代表選手勝ち上がり】

角田夏実(了徳寺大職)
成績:2位


[1回戦]
角田夏実○巴投(1:00)△ジェロネイ・ホワイトブーイ(南アフリカ)

[2回戦]
角田夏実○腕挫十字固(1:01)△シラ・リショニー(イスラエル)

[準々決勝]
角田夏実○横四方固(1:45)△フランチェスカ・ジョルダ(イタリア)

[準決勝]
角田夏実○腕挫十字固(2:12)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)

[決勝]
角田夏実△谷落(1:52)○ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から2位のラグワスレン・ソソルバラム、優勝の阿部詩、3位のファビアン・コッヒャーとジョン・ボキョン。

(エントリー30名)

【入賞者】
1.ABE, Uta (JPN)
2.LKHAGVASUREN, Sosorbaram (MGL)
3.KOCHER, Fabienne (SUI)
3.JEONG, Bokyeong (KOR)
5.PETROVIC, Nadezda (SRB)
5.PIMENTA, Larissa (BRA)
7.PARK, Da Sol (KOR)
7.PERENC, Agata (POL)

【成績上位者】
優 勝:阿部詩
準優勝:ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)
第三位:ファビアン・コッヒャー(スイス)、ジョン・ボキョン(韓国)

【準々決勝】
阿部詩○小外刈(3:19)△パク・ダソル(韓国)
ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)○優勢[技有・払腰]△ファビアン・コッヒャー(スイス)
ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)○隅落(1:35)△ジョン・ボキョン(韓国)
ナデザ・ペトロヴィッチ(セルビア)○GS片手絞(GS2:33)△アガタ・ペレンク(ポーランド)

【敗者復活戦】
ファビアン・コッヒャー(スイス)○大内刈(3:42)△パク・ダソル(韓国)
ジョン・ボキョン(韓国)○優勢[技有・横落](3:16)△アガタ・ペレンク(ポーランド)

【準決勝】
阿部詩○腕緘(2:32)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)
ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)○優勢[技有・小外刈]△ナデザ・ペトロヴィッチ(セルビア)

【3位決定戦】
ファビアン・コッヒャー(スイス)○優勢[技有・大内刈]△ナデザ・ペトロヴィッチ(セルビア)
ジョン・ボキョン(韓国)○反則[指導3](3:37)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)

【決勝】
阿部詩○不戦△ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)

【日本代表選手勝ち上がり】

阿部詩(日本体育大2年)
成績:優勝


[2回戦]
阿部詩○反則[指導3](3:57)△ビシュレルト・ホルロードイ(モンゴル)

[準々決勝]
阿部詩○小外刈(3:19)△パク・ダソル(韓国)

[準決勝]
阿部詩○腕緘(2:32)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)

[決勝]
阿部詩○不戦△ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位のレン・チェンリン、優勝の玉置桃、3位のマリツァ・ペリシッチとテレザ・シュトル。

(エントリー33名)

【入賞者】
1.TAMAOKI, Momo (JPN)
2.LIEN, Chen-Ling (TPE)
3.PERISIC, Marica (SRB)
3.STOLL, Theresa (GER)
5.NELSON LEVY, Timna (ISR)
5.KIM, Jisu (KOR)
7.PEREIRA, Jessica (BRA)
7.RECEVEAUX, Helene (FRA)

【成績上位者】
優 勝:玉置桃
準優勝:レン・チェンリン(台湾)
第三位:マリツァ・ペリシッチ(セルビア)、テレザ・シュトル(ドイツ)

【準々決勝】
玉置桃○横四方固(2:06)△ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)
テレザ・シュトル(ドイツ)○反則[指導3](3:35)△マリツァ・ペリシッチ(セルビア)
ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)○合技[隅落・崩袈裟固](0:43)△エレーヌ・ルスヴォ(フランス)
レン・チェンリン(台湾)○崩上四方固(3:22)△キム・チス(韓国)

【敗者復活戦】
マリツァ・ペリシッチ(セルビア)○GS反則[指導3](GS2:50)△ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)
キム・チス(韓国)○肩固(2:54)△エレーヌ・ルスヴォ(フランス)

【準決勝】
玉置桃○GS技有・大外刈(GS0:40)△テレザ・シュトル(ドイツ)
レン・チェンリン(台湾)○GS崩上四方固(GS1:57)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)

【3位決定戦】
マリツァ・ペリシッチ(セルビア)○GS合技[小外掛・一本背負投](GS0:57)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)
テレザ・シュトル(ドイツ)○崩上四方固(0:52)△キム・チス(韓国)

【決勝】
玉置桃○片手絞(1:43)△レン・チェンリン(台湾)

【日本代表選手勝ち上がり】

玉置桃(三井住友海上)
成績:優勝


[2回戦]
玉置桃○縦四方固(2:27)△オズレム・イルディス(トルコ)

[3回戦]
玉置桃○反則[指導3](2:28)△アンナ・クチェラ(ポーランド)

[準々決勝]
玉置桃○横四方固(2:06)△ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)

[準決勝]
玉置桃○GS技有・大外刈(GS0:40)△テレザ・シュトル(ドイツ)

[決勝]
玉置桃○片手絞(1:43)△レン・チェンリン(台湾)

※ eJudoメルマガ版3月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る