PAGE TOP ↑
eJudo

[速報] ザアリシヴィリがバシャエフ破って超級制覇、激戦90kg級の勝者はベカウリ/グランドスラム・テルアビブ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年2月21日)

※ eJudoメルマガ版2月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報] ザアリシヴィリがバシャエフ破って超級制覇、激戦90kg級の勝者はベカウリ
グランドスラム・テルアビブ2021最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級決勝、ラシャ・ベカウリがニコロス・シェラザディシヴィリから大外巻込「技有」。

イスラエルで行われているグランドスラム・テルアビブ2021は20日、現地のシュロモ・アリーナで最終日を迎え、男子は90kg級、100kg級、100kg超級の3階級の競技が行われた。

人材揃った90kg級はラシャ・ベカウリ(ジョージア)が優勝。比較的対戦相手に恵まれた準決勝までを全試合一本勝ち(1試合の「指導3」反則を含む)で勝ち上がり、迎えた決勝は第1シードの世界王者ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)を、開始早々に奪った大外巻込「技有」による優勢で下した。20歳のベカウリは2019年12月のワールドマスターズ青島に続く、2度目のワールドツアー制覇。

ベカウリと激しく五輪代表の座を争うベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)は準々決勝で伏兵のミラン・ランドル(スロバキア)に苦杯。小内刈で2つの「技有」を奪われる完敗だった。敗者復活戦からの2試合を一本勝ちしてなんとか3位には踏みとどまり、次戦に望みを繋いだ。表彰台最後の枠は3位決定戦でランドルを下したトート ・クリスティアン(ハンガリー)が確保した。

eJudo Photo
100kg級決勝、マイケル・コレルがペテル・パルチクから小内刈「技有」。

100kg級は第1シードのペテル・パルチク(イスラエル)と第2シードのマイケル・コレル(オランダ)が決勝で激突。コレルが上手い組み手で両組みのパルチクの技を完封、GS延長戦に左小内刈「技有」を得て優勝を決めた。V候補筆頭と目されていたニイアズ・イリアソフ(ロシア)は巧みな足技で「一本」量産も、準決勝のコレル戦は袖釣込腰「一本」で苦杯。迎えた3位決定戦は強敵ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)を小外刈「技有」で下し、表彰台はしっかり確保した。

eJudo Photo
100kg超級決勝、ゲラ・ザアリシヴィリがタメルラン・バシャエフから小内刈「一本」。

100kg超級は復調気配の21歳ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)が優勝。1回戦で欧州U-23選手権決勝で苦杯を喫したばかりのシポッツ・リヒャルト(ハンガリー)に谷落「一本」できっちりお返しすると、1戦挟んだ準々決勝では2019年東京世界選手権3位のロイ・メイヤー(オランダ)をGS延長戦の外巻込「技有」で下し、山場の準決勝では2017年の世界王者グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)から3分16秒の間に3つの「指導」を奪う快勝。決勝はタメルラン・バシャエフ(ロシア)を相手に「指導」2つを先行されながらも、相手の裏投に小内刈を合わせ「一本」で逆転勝ち。絶好調だった2019年7月のグランプリ・ザグレブ以来となる、3度目のワールドツアー制覇を成し遂げた。

ツシシヴィリは前述の通り準決勝でザアリシヴィリに敗れたが、3位決定戦はアリアクサンドル・ヴァハヴィアク(ベラルーシ)を内股で2発投げての合技「一本」で破り、しっかり表彰台は確保。一方、もう1人の世界王者ルカシュ・クルパレク(チェコ)は今大会も不出来。アリアクサンドル・ヴァハヴィアク(ベラルーシ)を相手に失った隅落「技有」を取り返せずなんと初戦敗退、終了ブザーを聞くと膝を屈して突っ伏し、悔しさにしばし立ち上がることが出来なかった。

各階級の入賞者と成績上位者、準々決勝以降の結果は下記。

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級メダリスト。左から2位のニコロス・シェラザディシヴィリ、優勝のラシャ・ベカウリ、3位のトート ・クリスティアとベカ・グヴィニアシヴィリ。

(エントリー33名)

【入賞者】
1.BEKAURI, Lasha (GEO)
2.SHERAZADISHVILI, Nikoloz (ESP)
3.TOTH, Krisztian (HUN)
3.GVINIASHVILI, Beka (GEO)
5.RANDL, Milan (SVK)
5.MEHDIYEV, Mammadali (AZE)
7.BOZBAYEV, Islam (KAZ)
7.MUNGAI, Nicholas (ITA)

【成績上位者】
優 勝:ラシャ・ベカウリ(ジョージア)
準優勝:ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)
第三位:トート ・クリスティアン(ハンガリー)、ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)

【準々決勝】
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)○反則[指導3](1:52)△イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)
ママダリ・メフディエフ(アゼルバイジャン)○浮落(2:14)△トート ・クリスティアン(ハンガリー)
ミラン・ランドル(スロバキア)○合技[小内刈・小内刈](1:25)△ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)
ラシャ・ベカウリ(ジョージア)○GS反則[指導3](GS1:00)△ニコラス・ムンガイ(イタリア)

【敗者復活戦】
トート ・クリスティアン(ハンガリー)○優勢[技有・浮落]△イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)
ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)○横四方固(2:35)△ニコラス・ムンガイ(イタリア)

【準決勝】
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)○小外掛(2:01)△ママダリ・メフディエフ(アゼルバイジャン)
ラシャ・ベカウリ(ジョージア)○体落(1:50)△ミラン・ランドル(スロバキア)

【3位決定戦】
トート ・クリスティアン(ハンガリー)○反則[指導3](2:50)△ミラン・ランドル(スロバキア)
ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)○隅返(2:02)△ママダリ・メフディエフ(アゼルバイジャン)

【決勝】
ラシャ・ベカウリ(ジョージア)○優勢[技有・大外巻込]△ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左から2位のペテル・パルチク、優勝のマイケル・コレル、3位のニイアズ・イリアソフとイリア・スラマニゼ。

(エントリー33名)

【入賞者】
1.KORREL, Michael (NED)
2.PALTCHIK, Peter (ISR)
3.ILIASOV, Niiaz (RUS)
3.SULAMANIDZE, Ilia (GEO)
5.KOTSOIEV, Zelym (AZE)
5.SANEBLIDZE, Onise (GEO)
7.BRICENO, Thomas (CHI)
7.SVIRYD, Mikita (BLR)

【成績上位者】
優 勝:マイケル・コレル(オランダ)
準優勝:ペテル・パルチク(イスラエル)
第三位:ニイアズ・イリアソフ(ロシア)、イリア・スラマニゼ(ジョージア)

【準々決勝】
ペテル・パルチク(イスラエル)○合技[隅落・横四方固](4:00)△トーマス・ブリセノ(チリ)
オニセ・サネブリゼ(ジョージア)○優勢[技有・背負投]△ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)
マイケル・コレル(オランダ)○優勢[技有・背負投]△イリア・スラマニゼ(ジョージア)
ニイアズ・イリアソフ(ロシア)○GS反則[指導3](GS0:42)△ミキタ・スヴィリド(ベラルーシ)

【敗者復活戦】
ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)○大内刈(0:39)△トーマス・ブリセノ(チリ)
イリア・スラマニゼ(ジョージア)○片手絞(0:25)△ミキタ・スヴィリド(ベラルーシ)

【準決勝】
ペテル・パルチク(イスラエル)○合技[背負投・横四方固](3:12)△オニセ・サネブリゼ(ジョージア)
マイケル・コレル(オランダ)○袖釣込腰(1:15)△ニイアズ・イリアソフ(ロシア)

【3位決定戦】
ニイアズ・イリアソフ(ロシア)○優勢[技有・小外刈]△ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)
イリア・スラマニゼ(ジョージア)○合技[出足払・背負投](3:29)△オニセ・サネブリゼ(ジョージア)

【決勝】
マイケル・コレル(オランダ)○GS技有・小内刈(GS0:38)△ペテル・パルチク(イスラエル)

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左から2位のタメルラン・バシャエフ、優勝のゲラ・ザアリシヴィリ、3位のグラム・ツシシヴィリとユール・スパイカース。

(エントリー30名)

【入賞者】
1.ZAALISHVILI, Gela (GEO)
2.BASHAEV, Tamerlan (RUS)
3.TUSHISHVILI, Guram (GEO)
3.SPIJKERS, Jur (NED)
5.VAKHAVIAK, Aliaksandr (BLR)
5.MEYER, Roy (NED)
7.YUSUPOV, Alisher (UZB)
7.RAKHIMOV, Temur (TJK)

【成績上位者】
優 勝:ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)
準優勝:タメルラン・バシャエフ(ロシア)
第三位:グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)、ユール・スパイカース(オランダ)

【準々決勝】
ユール・スパイカース(オランダ)○大内刈(1:27)△アリアクサンドル・ヴァハヴィアク(ベラルーシ)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○裏投(2:07)△アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)
グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)○合技[小内刈・内股透](4:00)△テムル・ラヒモフ(タジキスタン)
ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)○GS技有・外巻込(GS0:09)△ロイ・メイヤー(オランダ)

【敗者復活戦】
アリアクサンドル・ヴァハヴィアク(ベラルーシ)○横四方固(1:38)△アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)
ロイ・メイヤー(オランダ)○大外刈(1:35)△テムル・ラヒモフ(タジキスタン)

【準決勝】
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○優勢[技有・袖釣込腰]△ユール・スパイカース(オランダ)
ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)○反則[指導3](3:16)△グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)

【3位決定戦】
グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)○合技[内股・内股](2:13)△アリアクサンドル・ヴァハヴィアク(ベラルーシ)
ユール・スパイカース(オランダ)○GS反則[指導3](GS3:05)△ロイ・メイヤー(オランダ)

【決勝】
ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)○小内刈(3:04)△タメルラン・バシャエフ(ロシア)

※ eJudoメルマガ版2月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る