PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】ディッコの国際大会5連勝濃厚、進化続けるその戦いぶりに注目/グランドスラム・テルアビブ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)

(2021年2月20日)

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】ディッコの国際大会5連勝濃厚、進化続けるその戦いぶりに注目
グランドスラム・テルアビブ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■78kg級 優勝争いの軸はポスヴィトとチュメオ、ドイツとオランダの代表争いにも注目

(エントリー17名)

世界王者クラスの出場はなく、他階級と比べると少々寂しい陣容。ただし8名のシード選手には実力者が揃っており、トーナメントのレベルが極端に低いというわけではない。第1シードには2019年ワールドマスターズ王者のファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)が座っており、この選手と第3シードのオドレイ・チュメオ(フランス)が優勝争いの軸。東京五輪の代表争いはマドレーヌ・マロンガ(フランス)でほぼ決着している状況だが、両者ともに6月に開催予定のブダペスト世界選手権代表の可能性は残されており、モチベーションは決して低くないはずだ。

優勝争い以外のトピックを挙げるとすれば、国内の上位2名の成績が競っているドイツ、オランダ、ロシアの代表争いということになる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る