PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】3階級いずれもハイレベル、クルパレクとツシシヴィリの復調なるかに注目/グランドスラム・テルアビブ2021最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年2月20日)

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】3階級いずれもハイレベル、クルパレクとツシシヴィリの復調なるかに注目
グランドスラム・テルアビブ2021最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■90kg級 シェラザディシヴィリが戦線復帰、注目はグヴィニアシヴィリとベカウリのジョージア対決

(エントリー33名)

1月のワールドマスターズの出場を見送って力を蓄えていた2018年バクー世界選手権王者ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)が今大会で戦線復帰。この選手を第1シードに、ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)、ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)、ママダリ・メフディエフ(アゼルバイジャン)、マーカス・ニーマン(スウェーデン)らがエントリー、ハイレベルなトーナメントが組まれた。

優勝争いはもちろんだが、ジョージアの代表争いが面白い。今大会はワールドマスターズに続いて今大会もグヴィニアシヴィリとラシャ・ベカウリ(ジョージア)を揃って派遣。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る