PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]ボルタボエフがモラエイ倒して優勝、73kg級は伏兵ライクがワールドツアー初制覇/グランドスラム・テルアビブ2021第2日男子(73kg級、81kg級)

(2021年2月20日)

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]ボルタボエフがモラエイ倒して優勝、73kg級は伏兵ライクがワールドツアー初制覇
グランドスラム・テルアビブ2021第2日男子(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
81kg級決勝、シャロフィディン・ボルタボエフがサイード・モラエイから裏投「技有」

イスラエルで行われているグランドスラム・テルアビブ2021は19日、現地のシュロモ・アリーナで大会第2日目の競技が行われ、2階級が行われた男子は81kg級でシャロフィディン・ボルタボエフ(ウズベキスタン)、73kg級でアレクサンドル・ライク(ルーマニア)がそれぞれ優勝を飾った。

ボルタボエフは準決勝でフランク・デヴィト(オランダ)にGS延長戦の大内刈「技有」で競り勝って決勝に進出。サイード・モラエイ(モンゴル)戦は体の力とボディバランスの良さを生かし、隅落「技有」に裏投「技有」といずれも後の先の技で2度投げつけて、合技「一本」で優勝を決めた。モラエイとの初対決が期待された2019年世界王者のサギ・ムキ(イスラエル)は動き冴えず初戦敗退、サミ・シュシ(ベルギー)に内股「一本」で敗れてしまい、地元の期待に応えることは出来なかった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る