PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】70kg級は豪華陣容、63kg級は低調続くトルステニャクの出来が最大のみどころ/グランドスラム・テルアビブ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)

(2021年2月19日)

※ eJudoメルマガ版2月19日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】70kg級は豪華陣容、63kg級は低調続くトルステニャクの出来が最大のみどころ
グランドスラム・テルアビブ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
ティナ・トルステニャク(スロベニア)

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■63kg級 トルステニャクの勝ちぶりが唯一最大のみどころ

(エントリー25名)

この階級も初日に行われた女子3階級と同じく「一点豪華主義」の見どころがはっきりしたトーナメント。第1シードに配された2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのティナ・トルステニャク(スロベニア)の勝ちぶりが最大の見どころだ。トルステニャクはかつてクラリス・アグベニュー(フランス)、田代未来(コマツ)とともに階級のトップ3を形成していたが、最近はパフォーマンスがすぐれず、トップ2から一段落ちた位置に甘んじている格好。昨年11月のヨーロッパ選手権ではマグダレナ・クルサコワ(オーストリア)とアンドレヤ・レスキ(スロベニア)に連敗を喫して表彰台を逃しており、「アグベニューと相性が良く、日本人以外には負けない」というアイデンティティーの危機を迎えている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る